RSS | ATOM | SEARCH
行ってみたい5月の行事 〜葵祭と関連行事
今日から5月!
昨日は快晴で30℃近くまで気温が上がって、初夏というより夏のようなお天気でした。つい半月ほど前まで「サクラ、サクラ!」と浮かれていたのに。景色もピンクから輝くような新緑に。

風薫る五月の京都と言えば「葵祭」
京都三大祭りの一つで、5月15日のハイライト「路頭の儀」まで、半月にわたって祭事が行われます。

雅やかな平安装束をまとった人々が都大路を練り歩くさまは、まるで『源氏物語』の世界にタイムトリップしたよう。今日は、葵祭についてカンタンにご紹介します。

上賀茂神社で行われる行事
5月1日 競馬足汰式 (くらべうまあしぞろえしき)
5日に行われる「賀茂競馬」の前に、馬を実際に走らせて調子をチェックし、組み合わせを決めます。本番さながらに鞭を入れて疾走する様子は迫力満点! (13:00頃)

5月4日 斎王代女人列御禊神事
       (さいおうだいにょにんれつみそぎのしんじ)
葵祭のヒロイン・斎王代以下、女人列に参加する50名余りの禊祓が行われます。2つの神社で交代で行われます。今年は上賀茂神社。(10:00〜11:00)

5月5日 賀茂競馬 (かもくらべうま)
宮中で行われていたものが寛治7(1093) 年に奉納されて以来、続いている神事。競馬会の儀 (13:00〜)、左右の馬の競駈 (14:00頃〜)。

「上賀茂神社」へのアクセス
【住所】北区上賀茂本山町
【電話】075-781-0011
【交通】市バス9「上賀茂御薗橋」下車、徒歩5分
【HP】http://www.kamigamojinja.jp/


下鴨神社で行われる行事
5月3日 流鏑馬神事 (やぶさめしんじ)
葵祭の露払いとして、祭の無事を祈って古くから行われてきた勇壮な神事。馬を走らせながら鏑矢で的を射ます。馬上の妙技をご堪能あれ! (13:00〜15:30) ←下記に過去記事へのリンクあり。

5月5日 歩射神事 (ぶしゃしんじ)
宮中古式にのっとって行われる、祭の露払いの神事。弓の弦 (つる) の音で邪鬼を祓います。(11:00〜)

5月12日 御蔭祭 (みかげまつり)
御蔭神社より神魂をお迎えする神事。下鴨神社・糺の森で神様に典雅な舞「東游 (あずまあそび)」をご覧いただきます。

「下鴨神社」へのアクセス
【住所】左京区下鴨泉川町
【電話】075-781-0010
【交通】市バス4・205「下鴨神社前」下車、徒歩3分
【HP】http://www.shimogamo-jinja.or.jp/


祭のハイライト、路頭の儀
『源氏物語』や『枕草子』にも登場する「葵祭」。
6世紀半ば、国中を襲った飢饉・疫病を鎮めるために欽明天皇が勅使を遣わし、祭礼を行ったのが始まりです。(←下記に過去記事へのリンクあり)

正式名称は「賀茂祭 (かものまつり)」ですが、祭に参列する人々や牛馬に至るまで葵の葉で飾ったことに由来します。

祭のハイライトとなるのが「路頭の儀」
平安装束に身を包んだ総勢500名余、全長1kmに及ぶ華やかな行列が京都御所から下鴨神社を経て上賀茂神社まで約8kmの道のりを進みます。

5月15日 路頭の儀 (ろとうのぎ)
オススメは、やはり御所や下鴨神社、上賀茂神社で見物することでしょう。ロケーションは抜群! 平安の昔に迷い込んだような気分になります。ゆっくり確実に見るなら有料観覧席がgood。

京都御所 (10:30発) → 河原町今出川 (11:15) → 下鴨神社 (11:40着、14:20発) → 下鴨本通北大路 (14:40) → 北大路橋 (14:55) → 上賀茂神社 (15:30)
※先頭通過予定時刻です。

襲の色目 〜ハイセンスな配色様式
@くみ的オススメは、当時の着付けを忠実に守っているという平安装束の美しさ。特に斎王代はじめ女人たちの装束の華やかな色彩には目を奪われます。

“襲の色目 (かさねのいろめ)”と言って、少しずつずらして何枚も重ねた衣の配色で季節を表現しました。濃きから薄きへ移り変わる微妙なグラデーション、表地を透かして見える裏地のぼかし (当時の絹は薄かったそうです) など。

“襲の色目”は10世紀頃確立したのでは、と言われています。一つ一つに季節の動植物や自然にちなんだ美しい名前がついています。季節をまたいで使えるもの、通年OKなものなど様々ですが、大抵は使える季節が限られています。

その季節にふさわしい衣裳を選び、しかもそこに自分の個性を表現することが、当時の貴族の教養だったんでしょうね。非常に繊細で高い美意識です。

洋服ではあり得ないと思える配色も、なぜかぴたりとハマっています。女性はもちろんですが、男性、とくにおじさま方はスーツよりもステキに見えると思うのは私だけでしょうか?

【参考】
かさねの色目−Wikipedia →
風俗博物館 〜代表的な襲色目 →

2008年、斎王代の十二単のうち唐衣・表着・裳の3点が25年ぶりに新調されました。唐衣 (からぎぬ) は薄紅色に唐花、表着 (おもてぎ) は緑の亀甲地に花菱を織り込んだもの。お値段は550万円とか。

2008年5月2日 京都新聞の記事より →

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

見てみたいのが「斎王代御禊神事」!
神社の境内をしずしずと進む女人たちの列は、平安の昔そのままでは? と思ってしまいます。

下鴨神社の糺の森は太古からの貴重な原生林。輝くような新緑に包まれる、この季節は格別です。ぜひさんぽしてみてください。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

5月1日からは鴨川の納涼床も始まりました! それにしても。もう1年の3分の1が終わったことになるんですよね、早いなぁ。(@くみ)

かさねの色目―平安の配彩美
かさねの色目―平安の配彩美

関連ブログ記事
下鴨神社の流鏑馬神事と鴨川散歩 (06.5.9)
あまりに速くて写真には撮れていませんが雰囲気だけでも。

葵祭のヒロイン、斎王代 (06.5.3)
2008年で53代を数える斎王代。いろいろとタイヘンです。

葵祭って、どんなん? (06.5.2)
葵祭の由来についてカンタンに。

 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

京都三大祭・葵祭と国宝『風神雷神図屏風』特別拝観
京都御所内の観覧席&京都全日空ホテルの二条城側客室を確保!

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 バス は、コチラ>>
  京都の社寺名跡は、コチラ>>

新緑輝く 初夏の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

青もみじも好き♪ そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の明日, 12:33
comments(4), trackbacks(0), pookmark
2008年のご挨拶
皆さま、明けましておめでとうございマウス!
旧年中は「みうみう○○太町」をご覧いただき、ありがとうございました。

今年はブログにHPに集チューして、がんばりたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたしマウス!

護王神社の大絵馬
護王神社の大絵馬。イノシシからネズミへ。

そうそう、来週は「商売繁盛で笹持って来い!」の“ゑびすさん”ですね。皆さま、しっかりと2008年の金運Getいたしましょう! お詣りの仕方など、下記よりリンクを貼っておりますので、どうぞご覧ください。

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

皆さまは初詣で、どちらへいらっしゃったのでしょう? 例年どおり@まけは下鴨神社へ。@くみは八坂さんと安井金比羅さんへお詣りに行きました。安井金比羅さんで、ちょっと変わったお守りを買ったので、また書きたいと思います。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

ムリなくマイペースに、ぼちぼちと続けてゆけたらなぁと思います。どうぞヨロシク! (@くみ)

関連ブログ記事
恵比寿神社の「十日ゑびす大祭」(07.1.16)
2007年は「残り福」に行きました。舞妓さんのご奉仕により福笹がいただけるので人気なんですよ^^。

ブログ記事カテゴリーの
 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>
  京都の社寺名跡は、コチラ>>

冬の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

今年もぼちぼちがんばります! そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の明日, 23:35
comments(4), trackbacks(0), pookmark
今年も一年ありがとうございました!
2007年も残すところ、あと4日。
早いですねぇ〜。何だか「あっ!」と言う間の一年でした。

今年もたくさんの方が見てくださり、またコメントなどもいただいて大変うれしかったし、すご〜く励みになりました。来年も、ぼちぼちマイペースでがんばりたいと思いますので、ブログ&HPともども、どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

今年最後の記事は年末年始のイベントについてです。

カウントダウンライブ!
COUNT DOWN 2008 SPECIAL LIVE
烏丸姉小路にある「新風館」では、12月31日、「COUNT DOWN 2008 SPECIAL LIVE」が開催されます。今年で7回目を迎えるこのイベント。昨年は約3万2千人が来場したそう。

昨年に引き続きナビゲーターをつとめるのはα-STATIONのDJ、谷口キヨコさん。出演アーティストは今年メジャーデビューを果たした「ガリバーゲット」「SANISAI」など全7組。

谷口キヨコさんも、同じα-STATIONのDJである、しもぐち☆雅充さんとのユニット「リリィ喜代口&」として出演されますよ。

ライブのほか、年越しそばや肉まんなどの屋台ブースもあります。新風館のショップ約10店舗が出品する「カウントダウン福袋」も販売されます。また、商品券が当たる「ケータイスピードくじ」もありますよ〜。新風館でアツ〜く新年を迎えてみませんか?

「COUNT DOWN 2008 SPECIAL LIVE」
【日時】2007年12月31日 20:30〜 (入場無料)
【場所】新風館中庭 Re-cueホール
【交通】地下鉄「烏丸御池」駅5番出口より徒歩1分
【HP】http://www.shin-puh-kan.com/

CountDown LIVE FLASH!
京都駅ビル・室町小路広場ではFM802によるカウントダウンライブが。出演はシンガーソングライターのナイス橋本さんや、ヒップホップグループの「nobodyknows」。こっちも盛り上がりそうですね〜。

「COUNT DOWN 2008 SPECIAL LIVE」
【日時】2007年12月31日 23:25〜
【場所】京都駅ビル・室町小路広場
【HP】http://funky802.com/index.php

31日の17:00〜京都駅ビル3階・南遊歩道で、観覧スペースのリストバンド整理券が配布されます。観覧スペース満員の場合は、駅前特設ビジョン前スペースでの観覧となります。

プレゼント 京都の百貨店・ショッピングモールのリンク集は、コチラ>>

初日の出を見よう!
元旦 展望初のぼり
京都タワーは、1月1日のみ朝6:30から営業しています。稲荷山山頂付近からの初日の出を鑑賞できるそうですよ。

元旦 展望初のぼり
【日時】2008年1月1日 6:30〜9:00
    (一般入場は10:00から)
【場所】京都タワー
【電話】075-361-3215
【料金】大人 770円、高校生 620円、
    小中学生 520円、幼児 150円

京都タワーの地下には大浴場もあるんですよ〜。初日の出を見て、ひとっ風呂。いかがでしょ?

比叡山から初日の出を見よう
比叡山ケーブル・ロープウェイは2007年12月3日〜2008年3月19日まで運休していますが、お正月三が日は特別運転しています。

初日の出はロープウェイ「比叡山頂駅」より徒歩すぐ、ガーデンミュージアム比叡前の駐車場から見られます。比叡山から、でっかい初日の出を見よう!

比叡山から初日の出を見よう
【日時】ケーブル八瀬駅・ご来光車両
    6:05、6:25 (以降1時間に2〜3本)
     ※詳しくはHP↓でご確認を
【電話】075-801-2512
【料金】大人 840円、小児 430円
【HP】比叡山から初日の出を見よう

でんしゃ 京都の交通機関のリンク集は、コチラ>>

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

その他、除夜の鐘のつける寺院や各社寺の初詣についてのデータ集をHPに作っております。ブログ右サイドの「京のイベントカレンダー」よりリンクを貼っておりますので、ぜひご活用ください。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

京都は昨日は快晴であたたかく、絶好のお掃除日和でした。一転して今日は雨。日曜日くらいからグッと冷え込みそうです。皆さま、おカゼなど召されませんように。楽しい年末年始をお過ごし下さいませ。(@くみ)

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>
  京都の社寺名跡は、コチラ>>


リリィ喜代口 & ホセ雅口
PASSION☆TONIGHT 〜むらさきに揺れて〜

お騒がせ京都の人気DJ、よせばいいのに第2弾 !!

ブログ記事カテゴリーの
 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

冬の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

来年もヨロシク! そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の明日, 11:37
comments(6), trackbacks(0), pookmark
行ってみたい11月の行事 〜京都御所、秋の一般公開07
明日から5日間の予定で京都御所の秋の一般公開が始まります。

京都御所、秋の一般公開2007
今回のテーマは「宮中の舞」。11月3日には「雅楽演奏」、11月4日には「五節舞 (ごせちのまい)」が実演されます。

雅楽01

雅楽02

雅楽03
雅楽 (白峯神宮にて。2006年10月13日撮影)

「五節舞」は、このような舞だそうです。(風俗博物館「六條院四季の移ろい」霜月のページへ)

「京都御所」秋の一般公開
【日時】10月31日 (水) 〜11月4日 (日) 9:00〜15:00
【催し】雅楽演奏 11月3日 (土・祝) 10:00〜、11:00〜
    「五節舞」実演 11月4日 (日) 11:00〜、12:00〜
【電話】075-211-1211(8:30〜17:30、平日のみ)
    宮内庁京都事務所
【交通】各バス「烏丸今出川」または「烏丸一条」下車。
    地下鉄烏丸線「今出川駅」下車、3番出口より。
    ※京都御苑・中立売御門から入ると、
     一般公開入り口の「宜秋門」は目の前です。
    ※「今出川駅」3番出口のみエレベーター設置。

同時公開、拾翠亭!
京都御所一般公開とあわせて「拾翠亭」も公開されています。ここは五摂家の一つ、九条邸跡の庭園です。九条池という大きな池があって、夏に咲くサルスベリが見事です。

当初は東山の借景を考えて建てられたそうですが、今は周囲の木々が生長して見せません。でも、よく晴れた日の眺めはキレイです。畳の上に座って耳を澄ますと、風がさわさわと木々を揺らす音や鳥のさえずりが聞こえてきて、とても町中とは思えません。お時間があれば、ぜひ!

「拾翠亭」の公開
【参観日】毎週金・土曜日 (年末〜2月末日を除く)
     葵祭、時代祭、京都御所一般公開日
     9:30〜15:30
【参観料】100円 (高校生以上)
【電 話】075−211−6364 京都御苑保存会
【交 通】各バス「烏丸丸太町」下車。
     地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車、1番出口より。
     ※「丸太町駅」のエレベーターは3番出口。

「閑院宮邸跡」は常時公開されています。こちらも、ぜひ。

御所周辺のグルメスポット 食事
過去記事の中から御所・出町柳周辺のグルメスポットをピックア〜ップ。
限定!「出町ろろろ」の“豆皿箱弁当”(07.9.21)
「いろんなもんを、ちょっとずつ」がウレシイ、限定20食のお弁当。競争率高し。

「Bazaar Cafe」のランチ(07.5.21)
古い洋館をリノベーションした非営利で週3日だけ運営されるカフェ。商業ベースではないので、素朴な雰囲気。それがまた知り合いのお家を訪れたような気分にしてくれます。

京都御所周辺のお店情報♪(06.10.31)
烏丸今出川周辺と出町柳周辺から、それぞれ2軒ずつご紹介!

御所周辺のお土産スポット プレゼント
「松榮堂」“誰が袖”の香り(07.10.26)
「誰が袖」の香りをお土産に、どうぞ。

「香りを楽しむプロダクト」展
松栄堂のアンテナショップ「リスン京都」では、フィンランドの「リスン ヘルシンキ」店オープンを記念してデザイン展を開催中です。世界的に活躍するフィンランドの7組のクリエイターが「リスン」のためにデザインしたインセンスプロダクトを発表します。

会期は11月14日まで。場所は烏丸通四条下ルの「COCON烏丸」1階の「リスン京都」にて。

また「COCON烏丸」ではオープン3周年を記念して全館で、フィンランドをテーマとしたフェア「COCON×FINLAND」を開催中! フィンランド カフェメニューがいただけたり、館内の「京都シネマ」では大ヒットした映画「かもめ食堂」が上映されたり。ぜひ行ってみて!

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

ぎりちょんで間に合いました〜。ほっ=3
ふと気づけば明日はハロウィン! と言うことは今年も残すところあと2カ月ですね。そう思うと、何だかせわしないです。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

近頃ばたばたしてます。ネタもたまる一方で…。がんばってアップしていかなくちゃ。ε=┌(;・_・)┘(@くみ)

関連ブログ記事
行ってみたい11月の行事 〜京都御所・秋の一般公開(06.10.27)
京都御苑と京都御所って、どう違うの? とか、その成り立ちなど。あと、@くみ的オススメなどカンタンにご紹介しています。

御所周辺 de おさんぽデート!?(06.10.2)
ブログ友さんの企画にいっちょかみしてみました。

ブログ記事カテゴリーの
 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

JTB−11月3連休の宿2007
まだ、間に合う! 京都の紅葉。

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>
  京都の社寺名跡は、コチラ>>

秋の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

急げや、急げ! そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の明日, 21:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
行ってみたい10月の行事 〜秋の特別公開・特別展 洛西編
京のお宝、一挙公開中!
京都の寺社の「秋の特別公開・特別展」について日程など、ごく簡単にご紹介しています。今回は洛西編です。

洛西にある京都を代表する観光地、嵐山・嵯峨野。嵐山は、春はサクラ、秋は紅葉が山風により嵐のように舞うところから名付けられたといいます。

平安の昔より貴族達に愛され、洛南の宇治と同じく多くの別荘があったところでもあります。同時に出家した人々が静かな祈りの日々を送った土地でもあります。

また、衣笠・御室には「金閣寺 (正式名称:鹿苑寺)」「龍安寺」「仁和寺」と世界遺産に登録された名刹が点在しています。

この秋は、自然と触れあいながら貴重な文化財を訪ね歩いてみてはいかがでしょう?
以下、ピンク字は国宝、青字は重要文化財、緑字は狩野派の絵画。は、紅葉がキレイだと思う所です。


平岡八幡宮「花の天井 特別拝観」
44種の花が描かれた「花の天井」。江戸期のものと言われます。神職の説明で拝観します。大福茶の接待アリ。
【日時】9月14日 (金) 〜12月2日 (日)
    ※10/8、14は拝観不可
【料金】500円
【電話】871-2084
【交通】JRバス「平岡八幡前」

天龍寺塔頭 宝厳院「庭園 秋の特別公開」
江戸時代の名所図絵にも紹介された名園「獅子吼 (ししく) の庭」。借景の嵐山とともに色づく秋を満喫!
【日時】9月15日 (土) 〜12月17日 (月)
【料金】500円 (弘源寺との割引共通券900円)
【電話】861-0091
【交通】市バス28「嵐山天龍寺前」

天龍寺塔頭 弘源寺「秋の特別公開」
嵐山を借景にした「虎繍 (こしょう) の庭」毘沙門天立像 (重文)、竹内栖鳳や上村松園の作品が公開される。
【日時】9月15日 (土) 〜12月17日 (月)
【料金】500円 (弘源寺との割引共通券900円)
【電話】861-0091
【交通】市バス28「嵐山天龍寺前」

仁和寺「霊宝館秋季名宝展」
光孝天皇の勅願により創建され、門跡寺院として栄えた仁和寺。国宝や重要文化財を数多く有し、世界遺産にも認定されている。孔雀明王像、阿弥陀三尊像 (いずれも国宝) ほか。
【日時】10月1日 (月) 〜11月25日 (日)
【料金】500円
【電話】461-1155
【交通】市バス8・10・26・59「御室仁和寺」

清凉寺「霊宝館 秋期特別公開」
通称「嵯峨釈迦堂」。インド〜中国〜日本と伝わった「三国伝来の釈迦像 (国宝)」が知られている。「清凉寺式釈迦像」と呼ばれるこの像の胎内からは珍しい「五臓六腑 (絹製の内蔵の模型)」が発見された。
【日時】10月1日 (月) 〜11月30日 (金)
【料金】400円 本堂も参観の場合は700円
【電話】861-0343
【交通】市バス28「嵯峨釈迦堂前」

等持院「秋の特別展」
狩野興以筆方丈障壁画等持寺絵図 (重文) など。京都で一番早く紅葉が色づくのだそう。
【日時】10月5日 (金) 〜9日 (火)
【料金】500円
【電話】461-5786
【交通】市バス205「北野白梅町」

妙心寺 本坊「曝凉展」
本山秘蔵の文化財を公開。
【日時】11月3日 (土・祝)、4日 (日)
【料金】1000円
【電話】461-5226
【交通】JR嵯峨野線「花園」

※仏像や神像は文化財である前に信仰の対象です。
 カメラを向けるのは慎みましょう。

☆ 洛西の社寺名跡リンク集は コチラ>>

清凉寺 〜生きたはる (?) お釈迦様
洛西には、今一番お逢いしたい仏様がいらっしゃる。それが清凉寺の御本尊、「釈迦如来立像 (しゃかにょらりゅうぞう)」。善光寺の阿弥陀如来、京都・因幡堂の役所如来と並んで“日本三如来”として名高いこの仏様は、東大寺の僧、◆然 (ちょうねん、◆=大の下に周) が中国の宋より持ち帰ったものである。

縁起によると、釈迦に深く帰依していた優填王 (うでんのう) が、釈迦の姿を栴檀 (せんだん。白檀の別称) の木で彫らせた。中国に伝わったこの像を◆然が模彫させ、日本に持ち帰ることにした。すると夢の中に仏が現れ、「我を連れて帰れ」と模像と入れ替わったのだという。そのため、インド→中国→日本と伝来した「三国伝来の釈迦像」と呼ばれている。

見慣れたお釈迦様とは少し違う、どこかエキゾティックな雰囲気。縄目状の髪、同心円状の衣のひだなど日本の仏像にはあまり見られない特徴を備えている。中国ナイズされたガンダーラ仏、といった感じに見える。当時の人たちに大きな衝撃を与えたであろうこの像は、「清凉寺式釈迦像」として人気を集め、奈良・西大寺をはじめ全国で100体近い模像がある。出張開帳もかなりの回数行われ、徳川家から寄付されたという本尊を運ぶための乗輦 (じょうれん) がある。

昭和28年の修復作業の折、この像の胎内から◆然の遺品、造像にまつわる文書など26品目250点余の納入品が発見された。中でも注目は絹製の内蔵の模型、「五臓六腑」。8種類の絹織物で作られ、色分けもされている。1000年も昔、中国の人々は人体構造を正確に知っていたのだ! 医学史・解剖学史の資料としても大変貴重である。また、この模型を縫ったのは5人の中国の尼僧であることも分かっている。

同時に行われたX線検査では、目に黒水晶、耳には水晶が入れてあり、額には銀で作った一仏がはめ込まれているという。また、胎内には魂として鏡も納められていたとか。それゆえに、この仏様は“今も生きたはる”と言われるのである。

※この御本尊は、春秋2回の霊宝館特別公開時と毎月8日に御開帳されます。

「清凉寺」へのアクセス&データ集
【住 所】京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
【電 話】075-861-0343
【交 通】市バス28・91、京都バス71・81・91
     「嵯峨釈迦堂前」下車徒歩3分
     JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩15分
【山 号】五台山 (別名:嵯峨釈迦堂)
【宗 派】浄土宗
【創建年】寛和3年 (987)
【開 基】◆然 (ちょうねん、◆=大の下に周)
【歴 史】清凉寺の歴史は、ちょっとややこしい。ここには、光源氏のモデルといわれる嵯峨天皇の皇子、左大臣源融 (みなもとのとおる) の別荘・棲霞観 (せいかかん) があった。融の死後、寛平8年 (896)、その子が阿弥陀三尊像を御本尊として寺に改め、棲霞寺と号した。
 その後、中国の宋へ渡った東大寺の僧◆然 が愛宕山を中国の五台山に見立てて寺院を建立しようとした。◆然は願いが叶わぬまま亡くなり、弟子の盛算 (じょうさん) が師の遺志を継ぎ、棲霞寺の境内に建立したのが清凉寺である (御本尊は釈迦如来立像)。
 時を経て棲霞寺は衰退し、清凉寺に吸収されてしまった。
【文化財】
木造釈迦如来立像 (しゃかにょらりゅうぞう) 及び像内納入品
木造阿弥陀三尊座像…もと棲霞寺の御本尊
木造文殊菩薩騎獅像ほか

※参考サイト−法然上人の足跡Wikipedia

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

“御室桜”で知られる仁和寺は、代々皇族が門跡をつとめる宮門跡寺で、別名“御室御所”といわれています。

仁和寺_山門
威容を誇る仁和寺・二王門

まず、この門に圧倒されます。知恩院の三門、南禅寺の山門と並んで京都三大門だそうな。

仁和寺_山門より
二王門から境内をのぞむ

で、仁王門から見ると…。ダ〜ッと広ーーーい境内が見えます。

仁和寺_唐門?
唐門?やったかな? 彫刻がキレイです。

秋にサクラの話題もなんですが、御室桜、オススメです。紅葉もキレイらしいですが、サクラしか見に行ったことがないんですよ〜。(写真はすべて2006年春撮影)

〜 * 〜 * 〜 * 〜

去年は12月にずれ込んだところもあった紅葉。例年の京都のピークは大体11月25日前後と言われてますが、今年はどうでしょうね〜?(@くみ)

関連ブログ記事
京の桜スポット vol.04 仁和寺・御室桜(06.4.21)
御室のサクラとかけて、お多福ととく。その心は、ハナが低い。

秋の新作&限定スイーツ特集〜♪

いも、くり、抹茶をふんだんに。美味しい秋、しよう。

ブログ記事カテゴリーの
 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

JTB−11月3連休の宿2007
まだ、間に合う! 京都の紅葉。

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>
  京都の社寺名跡は、コチラ>>

秋の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

春と秋、どっちも好き。そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の明日, 21:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
行ってみたい10月の行事 〜秋の特別公開・特別展 洛北編
京のお宝、一挙公開中!
少しずつ秋めいてきましたね〜。
晴れていても午後から曇ってきたりして。なかなかスッキリ秋晴れとはいきませんが…。

空気が乾燥している秋は、各寺社で虫干しも兼ねて秘蔵の書画、仏像などの公開が行われます。これを曝凉 (ばくりょう=虫干しのこと) 」といいます。普段は見られない宝物を見るチャンス! 洛北の特別公開・特別展の日時など簡単に書いておきます。

京の秋散歩は、お寺へ出かけてみませんか?
以下、ピンク字は国宝、青字は重要文化財、緑字は狩野派の絵画。は、紅葉がキレイだと思う所です。

実相院「秋季特別展」
“床もみじ”で知られる洛北随一の紅葉の名所。庭園は桃山期風の池和泉回遊式。
【日時】10月6日 (土) 〜12月2日 (日)
【料金】500円
【電話】781-5464
【交通】京都バス24・27・28「岩倉実相院」

大徳寺塔頭 黄梅院「秋の特別公開」
本堂・庫裡・唐門は重文。特に庫裡は日本禅宗寺院最古。その他、利休作庭「直中庭 (じきちゅうてい)」、紹鴎作の茶室「昨夢軒 (さくむけん)」などが公開。
【日時】10月6日 (土) 〜31日 (水)、
    11月13日 (火) 〜12月16日 (日)
【料金】600円
【電話】231-7015 (京都春秋事務局)

大徳寺塔頭 興臨院「秋の特別公開」
方丈・表門・唐門 (いずれも重文) は、室町期禅宗建築の代表作。蓬莱形式の枯山水庭園が美しいそう。加賀前田家の菩提寺。
【日時】10月6日 (土) 〜12月16日 (日) ※10/20は拝観不可
【料金】600円
【電話】491-7636

大徳寺塔頭 総見院「秋の特別公開」
織田信長の菩提寺。
【日時】10月7日 (日) 〜12月2日 (日) ※10/30は拝観不可
【料金】600円
【電話】231-7015 (京都春秋事務局)

大徳寺 本坊「曝凉展」
狩野探幽筆方丈襖絵など約100点の寺宝を非公開の本坊で公開。
【日時】10月14日 (日)
【料金】1300円
【電話】491-0019

大徳寺塔頭 高桐院「曝凉展」
創建は「利休七哲」の一人として知られる武将、細川忠興 (三斎、夫人は細川ガラシャ)。寺宝「絹本墨画山水図」は南宋初期山水画の名作で国宝。
【日時】10月14日 (日)
【料金】500円
【電話】492-0068

来迎院「宝物展」
良忍上人の掛軸ほか。
【日時】11月1日 (木) 〜30日 (金)
【料金】500円
【電話】744-2161
【交通】京都バス17・18「大原」

大徳寺塔頭 芳春院「秋の特別拝観」
前田利家正室「まつ」に縁のお寺。庭は枯山水式の「花岸庭 (かがんてい)」と「呑湖閣 (どんこかく)」を望む小堀遠州作庭の池泉回遊式の2つ。「呑湖閣」は金閣、銀閣、飛雲閣 (西本願寺) とともに“京の四閣”と並び称される。
【日時】11月10日 (土) 〜12月2日 (日)
    ※11/18〜21は拝観不可
【料金】500円
【電話】492-6010

☆ 洛北の社寺名跡リンク集は コチラ>>

洛北の名刹、大徳寺
特別公開されるお寺のうち、ほとんどが大徳寺の塔頭なんで、以下にデータを簡単にまとめてみました。古くは五山十刹として栄えただけあり、建築物や庭園、美術工芸品など貴重なものが綺羅星のごとく! であります。

中でも、今注目の狩野永徳筆「四季花鳥図襖」(国宝。大徳寺塔頭 聚光院・方丈の襖絵)。保存上の問題から今年の5月以降、複製と入れ替えられました。これまでは春秋に特別公開されていたんだそうで。うわぁ〜ん、生でじっくり見とけばヨカッタ〜! >_<


高桐院の参道。
(2005年11月21日 撮影)

また、この時期のオススメは紅葉のキレイな「高桐院 (こうとういん)」! 通称“楓の庭”と呼ばれる本堂のお庭もですが、石畳の細い参道が、また何とも言えない趣があって好きなのです。

「大徳寺」へのアクセス&データ集
【住 所】京都市北区紫野大徳寺町53
【電 話】075-491-0019
【交 通】市1、101、102、204、205、206「大徳寺前」下車すぐ
【山 号】龍寶山
【宗 派】臨済宗大徳寺派大本山
【創建年】正和4年 (1315)
【開 基】大燈国師宗峰妙超
【歴 史】正中2年 (1325)、花園上皇の帰依を受け、この頃から寺院としての形態が整う。後醍醐天皇にも保護を受け、京都五山の上に位置づけられた。そのため足利氏の世になると、大徳寺は存在を軽んじられ、のちに五山十刹から離脱した。
 室町時代、応仁の乱 (1467-1477年) などで伽藍を焼失し、一時荒廃したが一休宗純 (1394-1481年) により再興。豊臣秀吉をはじめ戦国武将の帰依を受け、大いに栄えた (塔頭の総見院は秀吉が織田信長の菩提を弔うために建立した)。
 また、侘び茶の創始者、村田珠光以来、武野紹鴎 (たけのじょうおう)、千利休など多くの茶人と関わりがあり、茶の湯の世界に縁が深い。山門の二階部分を増築し自身の像を安置した千利休が、秀吉の怒りを買い、自決させられたのは有名な話である。
【伽 藍】勅使門から山門、仏殿、法堂 (いずれも重文)、方丈と南北に、ほぼ一直線に並ぶ。境内には別院2ヶ寺、塔頭22ヶ寺があり、常時拝観可能なのは龍原院、瑞峰院、大仙院、高桐院の4ヶ院 (2007年現在)。
【文化財】
方丈及び玄関 …方丈内の80余りの襖絵は全て狩野探幽筆 (重文)。また、江戸初期を代表する枯山水庭園は国の特別名称及び史跡である。
唐門…方丈の正面にあり、秀吉の聚楽第から移築された。華麗で豪奢な桃山建築。
「絹本墨画淡彩 観音猿鶴図」…南宋の牧谿筆。
「絹本着色 大燈国師像」
「虚堂智愚墨跡」…南宋の僧、虚堂の書。宗峰妙超の師、南浦紹明の師にあたる。
「後醍醐天皇宸翰御置文」…後醍醐天皇直筆の文書。

※参考サイト−臨済・黄檗 禅の公式サイトWikipedia

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

お寺や神社って、スッと背筋を伸ばしたくなるような、心地よい緊張感があります。それはきっと、すみずみまでお掃除が行き届いているからだと思います。

お掃除も修行の一つだと聞きました。隅々まで塵一つなく掃き清めたあと、ハラリと一枚、紅葉を散らすのだと。ただ作業するだけでなく、その余裕というか何というか。それが大切なのだろうな、と頭の片隅に留め置いています。う〜む、この境地に至るには余りに遠い道程だ。...( = =) トオイメ

〜 * 〜 * 〜 * 〜

紅葉の時期はタイヘンですよね。私たちは、ただ「キレイやなぁ〜」って見てるだけですが。お掃除地獄? 私んちも掃除していただけないでしょうかね〜。きっと、エエ修行になるかと。。。(@くみ)

関連ブログ記事
「スパゲティ Anri」でお昼ゴハン(07.7.6)
大徳寺近くのパスタ屋さん。町家をうまくリノベーションされてます。赤みそソースなど、あっさり和風パスタも揃ってま%
author:miu-miu2, category:京の明日, 16:11
comments(2), trackbacks(0), pookmark
行ってみたい9月の行事 〜α-SAKE BAR「蔵元DAY」
 
〜 秋の酒「冷やおろし」を味わう 〜

今週に入って、ず〜っと曇ったり雨が降ったり。
こうなると勝手なもので、ギンギンギラギラの太陽が懐かしかったりします。朝の水道水がヒヤッとしたり、陽射しがずいぶん柔らかくなっていることに気付いたり。季節は夏から秋へ移っているんですね〜。

秋と言えば「読書の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」と様々ですが、“みうみう”は「食欲の秋」ですかねぇ、やっぱり。秋は美味しいモノがいっぱいで、今から楽しみです! (*^m^*) ムフッ♪

さて、今日はそんな「食欲の秋」派 (?) の方にオススメのイベントです。

α-SAKE BARで愉しむ秋の酒
京都の烏丸御池にある「新風館」では、6月30日〜10月24日の期間限定で日本酒&ダイニング、「α-SAKE BAR」がオープン中です。

これは、伏見の蔵元、京都のFM局であるα-STATION、そして新風館によるコラボレーション。蔵元おススメの「夏の酒」と「秋の酒」を提案しています。また、新風館内の7つのレストランが伏見の清酒にピッタリな、α-SAKE BAR限定のスペシャルメニューを提供しています。

例えば、「茶蕎麦の湯葉包み 揚げだし」や「明太子と京ネギのおつまみピッツァ」、アンチョビソースでいただく「賀茂茄子ステーキ」など。伏見の清酒はショットで¥300〜、フードは¥450〜です。

「冷やおろし」の出荷日、9月9日からは秋の酒に模様替え。「α-SAKE BAR」の場所は3Fのオープンテラス。これからの季節、月や星空を眺めながら美味しいお酒やお料理をいただけそうですね。

「α-SAKE BAR」へのアクセス 熱燗
【場所】新風館3F オープンテラス
【期間】2007年6月30日 (土) 〜10月24日 (水)
【時間】17:30〜22:00
【電話】075-213-6688
【交通】地下鉄「烏丸御池」駅、5番出口より徒歩1分
【HP】http://www.shin-puh-kan.com/event/sakebar/top.html

清酒ファン必見! 蔵元DAY
期間中、5回にわたって行われるデモンストレーションイベント、「蔵元DAY」。各蔵元によるPRやプレゼントがもらえるクイズも。無料試飲会もアリ! これは、行くしかない?

「蔵元DAY」のスケジュール
【場 所】新風館3F α-SAKE BAR内
【時 間】19:10〜19:30、20:00〜20:30
【対象日】8月31日 (日出盛・月の桂・豊祝)
     9月14日 (招徳・都鶴・月桂冠)
     9月28日 (キンシ正宗・英勲)
     ※雨天時は翌週月曜日に順延の予定。
      参加蔵元など、予定変更の場合もあり。
      (予備日:9月3日、9月18日、10月1日)

「冷やおろし」とは?
9月9日は秋の酒「冷やおろし」がいっせいに出荷される日。さてさて、この「冷やおろし」とは??

新米が収穫される10月から約半年をかけて造られる日本酒。春先にできあがり、4月頃に1回目の火入れ (加熱殺菌) をした酒は、暑い夏の間、涼しい酒蔵でじっくりと熟成される。そして、秋に2回目の火入れをして出荷されるのだ。

この2回目の火入れを行わない酒を「冷やおろし」と呼ぶ。夏の間に熟成されてカドがとれ、まろやかで、なおかつフレッシュな味わいの酒。1年中飲めるわけではない「冷やおろし」、一度味わってみては、いかが?

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

日本酒って、ほんまにいろいろあるんですよね〜。種類も味も飲み方も。実際に飲んで「おもしろいなぁ〜」と思ったのは。【月の桂】「大極上中汲にごり酒」。もちろん、伏見のお酒!

乳白色で飲むと口の中でシュワシュワ〜♪とはじける、楽しいお酒。蔵元の説明通り、まさにお米のシャンパン! オンザロックがオススメの飲み方だそうです。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

食べ物に合わせて酒も美味しくなる。日本の四季って素晴らしいなぁ〜。「α-SAKE BAR」は人気のある企画らしく、今年でもう3回目くらいです。開催期間も長いので、ぜひ!(@くみ)

秋限定スイーツ「栗抹茶だいふく」、今期予約開始!

秋の味覚を丸ごと1個、濃厚抹茶で包みました。

ブログ記事カテゴリーの
 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

見る 京の町歩き情報は「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>
  京都の社寺名跡は、コチラ>>

初秋の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

天高く“みうみう”肥える秋。そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の明日, 17:07
comments(4), trackbacks(0), pookmark
行ってみたい8月の行事 〜乗ってみヨウカイ?
京都は相変わらず暑いです。もぉ、午前中で30℃を突破しそうな勢い。暦の上では、昨日から秋なんですけどね。まだまだ暑さは続く…。

今日は、夏の宵をちょびっと涼しく過ごせそうなイベントをご紹介します。

妖怪電車、間もなく出発進行!
8月25、26日に東映太秦映画村で「第12回 世界妖怪会議」が開催されます。それにあわせて京福電車 (通称、嵐電) で、8月17〜26日の夜、嵐電の嵐山本線&北野線で「妖怪電車」が臨時運行しま〜す!

「妖怪電車」車内では、約30種の妖怪を紹介。また、車内灯にブラックライトを使用したり、ちょっと不気味な音楽を流したりして雰囲気を盛り上げるのだとか。

また期間中、どこかで実際に妖怪が乗り込むんだそうで。その時は、案内放送があるらしい…。ほの暗い電車内で「わーわー、きゃーきゃー」と肝試し気分で楽しそうですね〜。

「妖怪電車」は1両編成で、四条大宮〜嵐山間 (北野白梅町へ行くのもアリ) を運行。運行時間は、16:15 (四条大宮発) 〜20:51 (北野白梅町発) までで、1日約9回。各駅から乗降OKで、妖怪コスプレをしている人は、大人も子どもも運賃が、ナント50円になります!

「妖怪電車」の目印は、車両前後の妖怪のヘッドマークです(運行時刻など、詳しくは下記のリンク↓から確認して下さい)。

京福電車「妖怪電車」へのアクセス
【日時】8月17日 (金) 〜26日 (日)
【場所】嵐電 四条大宮〜嵐山間
【運賃】大人 200円、小児 100円、妖怪 50円
【HP】京福電車内のページへ

また、「妖怪電車」運行初日の8月17日には、特別イベントも開催! 『京都「魔界」巡礼』(サイドでご紹介→) の著者、丘 真奈美さんの講演会が「妖怪電車」内で行われます。抽選で40名だけなんですが、外れても嵐山駅ホームで楽しめるそうですよ〜。応募してみる?

「妖怪講演」の予定&申し込み先
【日  時】8月17日 (金) 18:50〜20:00
【場  所】嵐車・嵐山駅「妖怪電車」内
【申込方法】往復はがきに参加人数・返信先などを
      明記の上、下記宛に。
      ※1枚で2名まで
      ※応募者多数の場合は抽選
      ※8月13日 (月) 必着
【宛  先】〒604-8811
      京都市中京区壬生賀陽院御所町3-20
      京福電気鉄道株式会社「妖怪講演係」まで

そのほか、嵐電沿線の妖怪で町おこしをしている、大将軍商店街「妖怪ストリート」からも恒例の妖怪仮装行列で参加! 「妖怪百鬼夜行」として映画村の江戸の町を大行列するそうです。今回は「妖怪大戦争」の衣装にECCアーティスト専門学校の協力による特殊メイクと、さらにグレードアップ!

8月25、26日の20:15〜の予定です。水木しげる氏や京極夏彦氏が参加される「世界妖怪会議」のチケットは残念ながらSOLD-OUT。でも、他にもイベントが開催されるようです。ひや〜としに行ってみる?

第12回 世界妖怪会議は コチラ>>

大将軍商店街「妖怪ストリート」は コチラ>>

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

「百鬼夜行 (ひゃっきやぎょう・ひゃっきやこう)」とは、妖怪や鬼が夜の闇の中を行列すること。平安時代の京の都で見られたという。これを描いた室町時代の土佐光信筆と伝えられる絵巻が、京都・大徳寺真珠庵に所蔵されています。

見てみると、捨てられた古道具が変化 (へんげ) した妖怪・付喪神 (つくもがみ) が多い (コレって“もったいないおばけ”か?)。もとの道具にそのまま手足がついたような姿は、おどろおどろしい感じは全くなく、どことなくユーモラスで、ひょうきん。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

どんな妖怪が好きですか? “みうみう”は「かまいたち」が気に入ってます。鎌を持ったイタチ (って、そのまんまや〜ん) の姿をした妖怪で、3人1組。1人目が人間をこかし、2人目が鎌で切り、3人目が薬を付けて去ってゆく、とか。一体、何がしたいねんさ? ってとこがかわいいような。(@くみ)

禅×ゲゲゲの鬼太郎コラボ、目玉おやじ登場!

世界へ発信、KYOTO STYLE――京友禅和柄手描きジーンズ 禅 (ZEN)

ブログ記事カテゴリーの
 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

嵐電ぶらり各駅めぐり (らくたび文庫 No. 9)
嵐電ぶらり各駅めぐり (らくたび文庫 No. 9)
最近、「嵐電 (らんでん)」がアツい。

見る 京の町歩き情報は「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>
  洛西の社寺名跡は、コチラ>>

盛夏の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク! 8月8日で3周年を迎えました!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

妖怪好き? そんな“みうみう”に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の明日, 13:31
comments(4), trackbacks(0), pookmark
行ってみたい8月の行事 〜Hotに? それともCool?
8月に入りましたね〜。いかがお過ごしでしょう?
今の京都はどんより曇って、もわ〜んと生ぬるぅ〜い風が吹いてます。とっても蒸し暑いです。。。

けど、「暑い、暑い」言うてもしょ〜がない。夏なんやし。そこで、今日は“Hot”と“Cool”をキーワードに、暑さを楽しめる (?) イベントをご紹介します。

Hotに盛り上がろう!
   〜西院 MUSIC FESTIVAL 2007

まずは、熱〜く盛り上がって暑さを吹き飛ばそう!
「西院 MUSIC FESTIVAL」、通称“西フェス”は「音楽や芸術で人々を繋ごう」を目的とした「21世紀の新しいお祭り」なのだそう。今年も8月4日・5日の2日間、町中に音楽&アートが溢れます♪

2日間で、総勢100組以上のミュージシャンが全19会場でパフォーマンスを行います。神社ライブあり、フリマや人気の「電車ライブ」も、モチロン! そして、今年は京福電車の車庫でもライブが開かれます。ゆったり各駅停車で走る路面電車で、ライブ。いいですね〜。

各会場の目印はヒマワリ! 総数はナント、3000本を超えるとか。真夏の空にヒマワリ。そして音楽。なんか夏っぽくていいですね。キンキンに冷えたビール片手に、盛り上がってみる?

「西院 MUSIC FESTIVAL 2007」へのアクセス
【日 時】8月4日 (土)・5日 (日) 12:00〜
      17会場でライブ (HPでチェック!)
     8月4日 (土) 14:00〜
      春日神社でフリーマーケット
     8月4日 (土) 17:00ころ〜
      京福電車ライブ「西院〜嵐山」駅間
      (臨時ライブ電車が運行! 別途運賃要)
     8月5日 (日) 12:00〜
      京福・車庫ライブ
     8月5日 (日) 14:00〜
      春日神社でアートマーケット
【場 所】春日神社、京福電車、黄金湯、春日幼稚園など
     西院一帯(阪急・京福西院駅周辺)
【H P】西院ミュージックフェスティバル実行委員会
【入場料】無料 (チップ制です)

※出演ミュージシャンや会場など、
 詳しくは上記HPよりチェックしてください。


鴨川でCoolに! 〜第38回 鴨川納涼
さて、次は鴨川でCoolに過ごしましょう。
“西フェス”と同じく8月4日・5日、三条大橋〜四条大橋西岸の鴨川河川敷で「第38回 鴨川納涼」が開催されます。

ボランティア団体の「鴨川を美しくする会」が主催するこの催しも今年で38回目。今年は、7月10日に「京都府鴨川条例」が制定されたのを記念し、オープニングパレードが行われます。

その他、将棋や書道・生花を体験できる「青年カルチャー体験コーナー」、「ふるさと展示即売」コーナー、いろいろなパフォーマンスが行われる「イベントコーナー」など。

そして、目玉の一つが「友禅流しファンタジー」。見られるのはこの時だけです。
美しい友禅染の反物を、下流に向かって投げ川の水で流してすすぎ、を繰り返し、洗い終わると川原に干します。色鮮やかな友禅が鴨川の水にたゆとう様子、また川原に干した反物がヒラヒラと舞う景色はとても美しいです。

イベントで行われるのは、あくまでデモンストレーション。昔は、あちこちでこうした光景が見られたのですね。私も実際に見たことはありません。記憶にとどめておきたい風景です。

「第38回 鴨川納涼」へのアクセス
【日 時】8月4日 (土) 17:00〜22:00
     8月5日 (日) 16:30〜21:30
【場 所】三条大橋〜四条大橋西岸の鴨川河川敷
【H P】鴨川を美しくする会
【入場料】無料

※雨天中止の場合は、両日ともに11:00と16:00に決定とのこと。

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

友禅流しとは…?
「友禅流し」とは、不要になった糊や染料を川の水で洗い流す、友禅染の工程の一つです。染め物の発色を左右する、とても大事な作業だそうです。
 水道水は不純物が混じっていて、発色を妨げるのだとか。さまざまな染織技法が京都で発展したのは、良質の水に恵まれていたからと言えましょう。

昭和45年に水質汚濁防止法が施行されて以降、廃止されました。現在は専門の工場内で行われています。そこでも水道水は使わず、地下水を汲み上げての作業だそうです。キツい作業であることには変わりなく、こうしたことが京都の伝統美を支えているんやなぁ、と思います。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

週末のお天気、どうなんでしょうね? 8月最初の土日、晴れてほしいですが。。。(@くみ)

今だけ! 30%OFF!「宇治抹茶あんみつ」
10日間限定、夏のお試しセール!

ブログ記事カテゴリーの
 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

嵐電ぶらり各駅めぐり (らくたび文庫 No. 9)
嵐電ぶらり各駅めぐり (らくたび文庫 No. 9)
嵐山へ向かう京福電車、通称「嵐電 (らんでん)」。
ゴトゴト、の〜んびり走ります。

見る 京の町歩き情報は「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>
  洛西の社寺名跡は、コチラ>>

盛夏の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

ムシムシ蒸し籠、京都の夏。ツラい…。そんな“みうみう”に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の明日, 16:44
comments(2), trackbacks(0), pookmark
行ってみたい7月の行事 〜御手洗祭 2007
 
〜 みたらし人形で“はらったま きよったま”〜

じめじめ〜 あめ とした梅雨がようやく明けたのか、いきなりスカッと爽やか〜♪ な青空が広がりました おてんき …はいいけど、いきなりアツイ!
そして、今年もやってきました。毎年恒例の「下鴨神社の御手洗祭(みたらしまつり)」。今年は7月27日〜30日。昨年の今頃はまだ梅雨真っ直中でしたが、今年の「足つけ神事」は気持ちい〜ことになりそう!?

御手洗祭05-御手洗社前
昨年の「足つけ神事」。足冷たそ〜。

“身代わり”みたらし人形
昨年「御手洗祭」についてかなり詳しく@くみ姐が記事にしているので、正直、あまり書くことがない(笑)。同じようなことを書くのも「なんだかな〜」と思ったので、今年はちょっと違う目線から「御手洗祭」を見てみることにしましょう。

ブログを見て下さっている方は、ご存じかと思いますが、@まけは立派なサキョーカーであります(笑)。その左京区一乗寺に地元の人々から、とても慕われている小さな神社があります。通称“赤ノ宮神社”。正式名を『賀茂波爾神社』といい@まけン家はそこの氏子にあたります。名前からしてわかるように実は由緒正しい神社で、賀茂御祖(下鴨)神社の境外摂社なのです。

で。毎年「御手洗祭」のこの時期になると、その赤ノ宮神社から我が家にやってくる人形(ひとがた)があるんですが…。


@まけン家の“人形”。家族の人数分ある。

これを自分の形代とし、名前と年齢を書いてから息を吹きかけたり撫でたりして、知らず知らずに犯した罪や穢れをこの人形に移します。そして近所で集めた人形と祈祷料を赤ノ宮神社に納めます。納められた人形は、8月に行われる下鴨神社の夏越神事で行われる「矢取り神事」にて祓い清められるという訳ですね。


どうせなら人形みたく、車形に切れば可愛いのに。

この人形と同じように、車形代というのもあります。さすがにこれはウチには来ないですが(写真は昨年、下鴨神社から貰ってきたもの)。

これも人形と同じで交通災害が起こらないように、自動車はもちろんバイクや自転車もOK。車輌番号と名前を書いて、これを車に撫でてつけて納めるというものです。昔にはありえない新しい形代と言えましょう(笑)。

この人形と車形は、別に氏子でなくても下鴨神社に行けば置いてあります。これを神社に郵送することも出来るみたいです。都合がつかなくて足つけ神事に来られない方は、この人形で厄祓いをしてもらってはどうでしょう?

下鴨神社「御手洗祭」へのアクセス
【住所】左京区下鴨泉川町59
【電話】075-781-0010
【交通】市バス205「下鴨神社前」、徒歩3分
【時間】7月27日(金)〜30日(月) 5:30〜22:30
【料金】お灯明料(参加料) 200円

これで1年、健やかに過ごせるんなら安いもんです 楽しい

“食べられる”みたらし人形?
さて、ここで“食べられる”みたらし人形を紹介しましょう。
実はこの人形はとっても美味しいんですよ。私なんか、一日10本は軽くいけそうですね。流石に食べ過ぎだってゆーのはわかってますから、食べませんよ。でもそれっくらい好きなんです。
とはいえ、上記の紙人形を食べても美味しくはないと思うので、ご注意を。
食べられる人形はコチラでございます。


写真がないっ!なので急遽、@くみ姐の絵を初公開!
数年前に描いたものですが結構上手い チョキ

そう!下鴨神社の向かいにある、加茂みたらし茶屋みたらし団子!何を隠そう(?)みたらし団子はここ下鴨神社の神饌菓子。御手洗池に湧き出る水泡を表したものです。巷にあるみたらし団子には数や形が色々ありますが、こちらが元祖、本物。
小ぶりの団子が5つ、一本の串で通してあり、頭の1つはそろばんのように他の4つと少し離れているというもの。これは五体を表しているんですね。おや?ということは…。これは食べられる『みたらし人形』なのですっ!

更にドン!毎年、御手洗祭では加茂みたらし茶屋さんの屋台が出ます。皆さん列んで買いまくります。甘い醤油タレの匂いが食欲をそそりまする。

御手洗祭03-みたらし団子
昨年の屋台の様子。食べたい〜。

「加茂みたらし茶屋」へのアクセス
【住 所】京都市左京区松ノ木町
【時 間】9:30〜20:00
【定休日】水曜日(祝日は営業)
【電 話】075-791-1652
【交 通】市バス205「下鴨神社前」、徒歩3分

これを食べて「五体満足でありますように」と願いながら、食べるというものです。これで、今年の厄祓いは完璧だ!?

グルメ情報 ホットコーヒー
cafe Verdi(カフェ・ヴェルディ)
下鴨神社と言えば、“みうみう”ではすっかりお馴染みのカフェ・ヴェルディさん。色々なお店とコラボしては毎回大好評のヴェルディさんが今年もやってくれました。マスターも大好きな特製杏仁豆腐が夏季限定で発売中!詳しくはHPにて。

関連ブログ記事
御手洗祭、行ってきました♪(06.07.24)
昨年の御手洗祭の夜の様子。ずっと雨だったのに、この日は珍しく晴れました。
下鴨神社の御手洗祭(06.07.20)
一昨年の昼間に行った様子や、御手洗祭が行われる「土用」について、など。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

もうあれから1年かー!早いなぁ! びっくり
年末年始や自分の誕生日よりも、祗園祭や御手洗祭や五山の送り火の方が「1年経ったなぁ…」という気がするのは私だけなんやろうか? (@まけ)


チケットぴあ「京の華舞台−京都文化祭典'07」
50周年記念 第207回 市民狂言会(8/1発売)

ブログ記事カテゴリーの
 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

見る 京の町歩き情報は「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>

コンチキチン! 盛夏の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

今年こそ みたらし団子食べた〜い“みうみう”に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の明日, 10:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark