RSS | ATOM | SEARCH
行ってみたい8月の行事 〜寺社の納涼イベント
体温猛暑が続く京都です。
暑いからといって、ずっとクーラーのきいた室内にいると、かえって夏バテして体調を崩してしまったり…。

こんな時は少し涼しくなる夕方からさんぽでもしてみては? 浴衣にうちわでぶらぶらと。自然の風は優しく心地よいですよ^^。

特にお寺や神社は緑が多く、その分涼しくて空気もキレイな気がします。今回は、そんな夕暮れ時のおさんぽにピッタリな寺社の納涼イベントをご紹介します。帰省中の方も出かけてみてね。

鳥辺野 〜冥土への入口があると云う…
古来より知られた葬送地、鳥辺野。
東山三十六峰の一つ、阿弥陀ヶ峰北麓の五条坂から南麓の今熊野に至る丘陵地、鳥辺山 (大谷本廟のある) のふもと一帯を指します。大まかに言うと清水寺のある辺りになります。

その入口にあたり、冥土へ通じると言われるのが「六道珍皇寺」前の“六道の辻”です。今は観光地になってますが、昔は。。。平安時代などは遺体をそのまま放置して、犬や鳥が喰うにまかせたと言いますから…。ひぇ〜、ゾゾ〜ッ。そう考えながら歩くと、ヒンヤリする?

清水寺宵まいり 〜夜の特別拝観・清水寺
「清水寺」では夏の千日詣り (8月9〜16日) 中、この3日間は夜の特別拝観と、本尊ご宝前での献灯ができます。

「清水寺宵まいり」へのアクセス
【日 時】8月14日 (木) 〜16日 (土)
     19:00〜21:30 (受付終了)
【拝観料】400円 (昼間は300円)
【交 通】市バス206「清水道」下車
【電 話】075-551-1234

夕涼みと灯りの路 〜一念坂・二年坂・産寧坂
一念坂から二年坂、産寧坂に至る道筋に「花灯路」で使用されている行灯を約200基を並べて灯りの散策路が作られます。

「夕涼みと灯りの路」へのアクセス
【日時】8月14日 (木) 〜16日 (土) 18:00〜20:00
【交通】市バス206「東山安井」下車
【電話】075-561-7407 (古都に燃える会)、
    075-561-4044 (きよみず産寧会)

夜の特別拝観、燈明会 〜高台寺
北の政所、ねねが豊臣秀吉の菩提を弔うために創建した「高台寺」。恒例の夏の夜間拝観では境内に提灯が灯されます。他にも昼間に8月31日まで「百鬼夜行展」などあります。要チェキ!

「高台寺 夜の特別拝観」へのアクセス
【日 時】8月1日 (金) 〜18日 (月)
     17:00〜21:30 (受付終了)
【拝観料】600円 (掌美術館見学含む)
【交 通】市バス206「東山安井」下車、徒歩5分
【電 話】075-561-9966

また、「高台寺」では「夕涼み 浴衣の茶会」も催されます。椅子席なので気軽に参加できます。浴衣だと割引があるみたいですよ〜。
※所要時間は約1時間。参加前日の16:00までに予約を。

「夕涼み 浴衣の茶会」へのアクセス
【日時】8月8日 (金) 〜16日 (土)
【料金】一般:2,500円、浴衣着用の方:2,000円
【交通】市バス206「東山安井」下車、徒歩5分
【電話】075-561-9966

清水寺はじめ洛東の社寺名跡リンク集は、コチラ>>


蓮台野 〜願わくば蓮の台に…

     「露と消えば 蓮台野に 送りおけ
            願う心を 名にあらわさむ」

     私が死んだら蓮台野に葬ってください。
     なぜなら私の願い (極楽往生) を
     そのまま地名にしているのですから――。

と、西行法師も歌に詠んだ蓮台野。
蓮台野は洛北七野の一つと言われ、船岡山の西側から紙屋川 (天神川) までの辺りを指すと言われています。

お精霊迎え・送り 〜千本ゑんま堂
「千本ゑんま堂」は、閻魔大王より亡き先祖をこの世へ迎える「精霊迎えの法」を授けられたという小野篁により、蓮台野の入口に建立されました。(詳しくは下記の過去記事リンクから)

その「千本ゑんま堂」では、7〜15日にお精霊さんのお迎え、16日にはお送りが行われます。15日には19:00より千本六斎念仏も行われます。

「お精霊迎え・送り」へのアクセス
【日時】8月7日 (木) 〜15日 (金)、16日 (土)
【交通】市バス206「乾隆校前」下車、北へ徒歩すぐ
【電話】075-462-3332

大徳寺や西陣を散策して夕方から訪れるのが、いいかも。

大徳寺はじめ洛北の社寺名跡リンク集は、コチラ>>


化野 〜あだし野の露消ゆる時なく…

     あだし野の露消ゆる時なく、
     鳥部山の煙立ち去らでのみ
     住み果つる習ひならば、
     いかにもののあはれも なからん。
     世は定めなきこそ いみじけれ。
         『徒然草』第七段 あだし野より

鳥辺野、蓮台野と同じく古よりの葬送地、化野 (あだしの)。
小倉山の麓、二尊院から化野念仏寺付近を指します。平安の頃は風葬でしたが、後に土葬となりました。でも、“ばけの”と書いて“あだしの”とは…。どことなく不気味。。。

化野念仏寺千灯供養 〜化野念仏寺
有名な「化野念仏寺」は、野晒しになった亡骸を哀れに思った弘法大師空海が、今からおよそ千年前に創建した五智山如来寺が、そのはじまりとなっている。

「千灯供養」は、賽の河原になぞらえて「西院の河原」と名付けた境内の一角に祀られた約8000体の無縁仏に灯明を捧げ、供養する幻想的な行事。嵯峨野の夏の風物詩。

「化野念仏寺千灯供養」へのアクセス
【日 時】8月23日 (土) 〜24日 (日)
     17:30〜20:30 (受付終了)
【協力費】1000円 (中学生以上、ろうそく・パンフ付)
【交 通】京都バス72「鳥居本」下車、徒歩5分
【電 話】075-861-2221

@くみも一度「化野念仏寺」に行ったことがあるんですけど…。なんと言うのか、ズシ〜ンと重苦しい空気が漂っていましたね。。。千灯供養は写真でしか見たことないですけど、幻想的というか幽玄とも言えるような雰囲気を醸し出していると思います。

愛宕古道街道灯し 〜愛宕念仏寺付近
「化野念仏寺」の千灯供養にあわせて行われる「愛宕古道街道灯し」 (あたごふるみちかいどうとぼし) 。愛宕神社の一の鳥居から祇王寺に至る約1.5キロの愛宕街道沿いを手作りの提灯や行灯で照らし出す、情緒ある催し。

“鳥居本”と呼ばれるこの地域には、茅葺き屋根の民家や土産物店が並び、昔懐かしい風景が広がっています。過ぎゆく夏を惜しんでの、そぞろ歩きにいかがでしょう?

「化野念仏寺千灯供養」へのアクセス
【日時】8月23日 (土) 18:30〜
    8月24日 (日) 19:00〜
【交通】京都バス62・72「鳥居本」下車
【電話】075-861-0051 (嵯峨野保勝会)

化野念仏寺はじめ洛西の社寺名跡リンク集は、コチラ>>


。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

ヒンヤリするために、三大葬送地別にご紹介してみました。いかがでしょ〜? ちょっとは暑さを忘れられるといいなぁ。

「西院」は嵐電・嵐山線の駅名だと“さい”と読みます。「西院の河原」というと、三途の川の“賽の河原”を思い起こします。「西院の河原」も古の葬送地なのでありました。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

今日の京都の最高気温は37℃。微熱ですよぉ〜。(@くみ)

関連ブログ記事
京の花だより 〜千本ゑんま堂 (08.4.28)
今年の春に「千本ゑんま堂」を訪れた時のもの。珍しい「普賢象桜」というサクラがあります。

 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 バス は、コチラ>>
  京都の社寺名跡は、コチラ>>

京都・異界をたずねて (新撰 京の魅力)
京都・異界をたずねて
怨霊、祟り神、そして陰陽師――。
今もなお、京都の町のあちこちに異界が口を開いている。

盛夏の京都へ、おこしやす!“みうみう”のwebサイト「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

ここは地獄の一丁目…。そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の明日, 16:16
comments(6), trackbacks(0), pookmark
Comment
こんにちは、夏休みモードの一休です。
暑い夏はほんとに苦手で、昼間は外出したくないのですが
夕方から夜にかけての行事はいいですね。
そういいながら、この休暇は夕方の甲子園や
大阪空港の夜景とか、京都から少し離れてます。
また京都復活したいと思ってますので情報よろしく^^;

それと3周年おめでとうございます。
タイムリーな情報はほんと重宝してますよ。
一休, 2008/08/12 6:02 PM
一休さん、こんばんは〜。

コメントありがとうございます^^。
とても励みになります。
@まけ共々お礼申し上げます。
皆さまのお役に立てて何よりです。

空港の夜景かぁ、いいですねぇ。
京都にはなく見慣れない風景なので、
つい見とれてしまいますよ。
甲子園もいいですね。

京都は暑いですよ〜。
今日も最高気温が37℃ありました。
あ、そちらの方が暑いですか?
@くみ, 2008/08/12 9:37 PM
こんばんは〜。37℃ですか!すごいですね!聞いただけでクラッとしてしまいそう。でも、そのために涼む手段があるからいいですね、京都は。

思えば、大学時代は8月に1週間滞在をよくしたのです。念仏寺とか行きましたね〜。この暑さでも、観光客は多いですか?オリンピック観戦とくっつけて、日本もよっちゃえ、みたいな観光客さんがいたりして。
hayate, 2008/08/12 10:34 PM
毎日鳥辺野にて仕事をしている私です(いつ死んでも大丈夫?・・・笑)
ゆかたにうちわ・・・うちわっ!思い出してしまいました・・・笑
今でもときどき雨にさらされて骨がでてくるそうです。(近づかないでおこう・・・)
今、お盆の期間で学生たちもほとんどいないから、周りはすごく静かです。ブログもし放題・・・こらこら・・
帰りのバスは八坂石段下から四条通を走るのですが「都路里」はいつも長蛇の列。観光する人もこの暑さは大変ですね。ちなみに舞鶴は37.9度だったみたいですよ。
きさとぱぱ, 2008/08/13 3:19 PM
hayateさん、こんばんは!

連日暑さが続きますね〜。
カラッとした暑さは、まだいいんですけど。
湿度が高いとぐったりします。
京都は盆地なので、雲が垂れこめると
湿度がたまって逃げないんですよね〜。

外国からのお客様は、ここ2〜3年で
かなり増えたなという印象です。
祇園祭の頃によく見かけました。
日本の後に北京でしょうか?
もうちょっとしたら
オリンピックからの帰りに、
という人も多いかもしれませんね。

今日も今出川通りを歩いていたら、
居酒屋兼たこ焼き屋さんのカウンターに
白人さんのカップルを見かけました。
一体、どうやって知ったんやろ?
こういうお店? と思いました。
@くみ, 2008/08/13 9:35 PM
きさとぱぱさん、こんばんは!

鳥辺野…。わはは。
私の母校 (公立高校) も東福寺の中にありました。
夏休みもクラブがあったので、帰りはもう真っ暗。
肝試しみたいで、雰囲気バッチリでしたよ〜。

仕事が進みそうでも、静かすぎると
かえってはかどりませんよね〜。

37.9℃! 高熱ですね。
暑い〜というか、苦しいですよ。
八坂神社〜清水寺にかけては
石畳や舗装された道路が続くので
地表はそれぐらいあるかも知れませんね。
この暑さでもやってるんでしょうかね?
なんちゃって舞妓。タイヘン。。。
@くみ, 2008/08/13 9:43 PM









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/980591