RSS | ATOM | SEARCH
祗園祭2008 〜神幸祭
 
〜 素戔嗚尊、降臨!〜

7月17日。祗園祭の「神幸祭」を見に行って来ました。今日は、その様子を。

神幸祭 〜八坂神社から御旅所へ
八坂神社の三柱の神々は、「神幸祭」で四条寺町の御旅所へお出ましになります。山鉾巡行は、その露払い的な意味合いを持っています。

7月17日午前〜午後に山鉾巡行が行われた後、夕方から「神幸祭」が始まります。16:00から神事が執り行われ、18:00頃から三基の神輿が御旅所を目指して出発します。

神幸祭_01
あ〜、始まってる。急げ!

南座前に着いたのは18:00ちょうど。急いで八坂神社を目指す。

神幸祭_02
四条通上に腰掛けるって、なかなか見られないかも!?

神幸祭_03
ん? お知り合いでも?

何だか、えらくのんびりしてるなぁ。みんなくつろいでるし。

神幸祭_04滴る緑
意識したことなかったけど、
こんなに緑が豊かやったんや〜と思った。

重要文化財である八坂神社の西楼門は改修を終えたばかり。一際鮮やかな朱が緑に映える。あ、神輿が見える!

三基の神輿
7月10日の「神輿洗式」で清めた神輿には、7月15日の「宵宮祭」でご神霊を移してあります。

神幸祭_06三社揃い踏み
三基の神輿が勢揃い。

中御座の六角形の神輿には八坂神社の主神である素戔嗚尊 (スサノオノミコト)。四角形の東御座の神輿は、素戔嗚尊の妃神、櫛稲田姫命 (クシイナダヒメノミコト)。西御座の八角形の神輿には、二神の間に生まれた八柱御子神 (ヤハシラノミコガミ) を。

神幸祭_05石段前
八坂神社・石段下の神輿。

18:00頃、八坂神社を出発した三基の神輿は石段下に集結する。18:30頃、神輿を高く上げる差し上げを行った後、それぞれ所定のコースを巡行する。
(八坂神社の神輿渡御のページへ → )

中御座、出発
東御座の神輿は東大路通を北上していった。次いで中御座の神輿が出発する。

神幸祭_07中御座
あれれ? あの子は…。

中御座の神輿をかくのは三若神輿会 (さんわかしんよかい)。横一列に並んで綱を持つ子どもたちが先頭。「わっしょい、わっしょい!」とかわいらしい声。よ〜く見てみると。。。

神幸祭_08中御座
おぉ、未来のオトコマエやん!

2年前の「還幸祭」でギャラリーの心を鷲掴みにした、未来のオトコマエがいた (黒い腹掛けの子です)。ぼん、久し振りぃ〜! おっきなったなぁ! (下記に過去記事へリンクあり)

神幸祭_09中御座
目の前を通り過ぎてゆく、中御座の神輿。

中御座の神輿は、この後四条通から大和大路通を北上し、三条通を西進して鴨川を越え、二条通を経て河原町通を南へ下がって御旅所を目指す。到着は21:00過ぎ。

西御座も出発!

神幸祭_10西御座
西御座は八柱御子神。

最後に西御座の神輿が出発。かくのは錦神輿会。

神幸祭_11西御座

神輿を守るように取り囲む白い法被姿の男たち。この暑さの中、重さ2〜3トンある神輿をかくのは、かなりの体力を消耗する。輿丁 (よちょう) たちは、交代しながら寺町四条の御旅所を目指す。

神幸祭_13西御座
花見小路通をすすむ神輿。
後をついて歩いていく人も多い。すっごい人!

西御座の神輿は、祗園・花見小路通から団栗通〜川端通〜大和大路通、三条通から鴨川を越え、二条方面から河原町通を南下、四条通から木屋町通を松原通へ、河原町通を北上して、やっと御旅所へ。ハァ〜、しんど。お疲れさまです。

神幸祭_12浴衣わんこ
宵山でも浴衣わんこ見たなぁ。

御旅所に“おいで (神幸祭)”になった神々は、しばらくそこにいらっしゃいます。そして一週間後の7月24日、“おかえり”の「還幸祭」には全ての氏子地域を練り歩き、疫病や災難を祓ってくださるのだ。それこそが一番大切な神事。ホンマにホンマの祗園祭なのです。

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

宵山、山鉾巡行と晴れていたのに。いつの間にか雲行きが怪しくなってきた。優雅で雅やかな山鉾巡行から、勇壮な神輿渡御へ。祭は荒々しさをましてゆく。

神幸祭_14スサノオ降臨
四条大橋から。

黒い雲が低く垂れこめた重苦しい空。荒ぶる神、素戔嗚尊の降臨にふさわしく。

これにて2008年の祗園祭関係の記事はおしまい。
みなさま、長々とおつきあいありがとうございました。おおきに。また、来年!

〜 * 〜 * 〜 * 〜

八坂神社・石段下の写真は、そうたくさんの人がいるようには見えないかもしれません。が、高いところから見下ろすと。。。東大路通を埋め尽くす輿丁と、それを見学する人たち。壮観です。

でもね〜、みんな一体何時頃から石段下に待機してるんでしょう? 西日をまともに受けるので日焼け対策をカンペキにしとかないと、シミだらけになりそうで、コワイ。(@くみ)

関連ブログ記事
祗園祭2008 〜宵山 vol.4 (08.7.30)
2008年祗園祭宵山のレポ、第4弾。

祗園祭 vol.10 最高潮! 神幸祭と還幸祭 (06.7.22)
祗園祭の中心的行事である「神幸祭」「還幸祭」について。

還幸祭に行ってきましてん 〜大迫力レポ! (06.7.25)
お神輿さんを担ぐ男前たち。たまりませ〜ん!(*/∇\*) キャっ
この時は、ちっこい未来のオトコマエにも逢えました。

浴衣福袋、第5弾。人気の上位七柄、再登場!
選べる変わり織り浴衣、人気柄セット。

 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

写真で見る祇園祭のすべて
写真で見る祇園祭のすべて
祇園祭の全貌を知り、楽しむことができる完璧ガイド。
豪華絢爛な山鉾32基、神輿、さまざまな行事などを
約400点の写真でわかりやすく解説。英文解説付。

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 バス は、コチラ>>
  京都の社寺名跡は、コチラ>>

盛夏の京都へ、おこしやす!“みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

お神輿、わっしょい! そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の祭り, 17:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/974411