RSS | ATOM | SEARCH
鴨川ホルモー、ロケ遭遇!
4月15日の朝、知恩寺の「手づくり市」に行く途中のこと。
河合橋へさしかかると、鴨川の三角州で何かのロケをしている様子。近づいてみると…。

早速行ってみると、すでに何人かが集まっていた。へぇ〜、何の撮影やろ?先にいたおばさまに聞くと、女優の栗山千明さんがいるらしい。鴨川側に座ってる人かな? スタッフが傘をさしかけてるからシルエットしか分からないけど。でも。。。ヘアスタイルがスゴい。


ロケ準備中の様子。河合橋の上から撮影。

と思ってると、主役登場!
浴衣姿の山田孝之くんと、俳優さんがもう1人。2人がスタンバイし、ロケが始まる。固唾を呑んで見守る。いきなり山田くんの向かいに立った俳優さんが“ウェーブ”のような仕草をしながら奇声を発した。

「カ〜〜〜ット!」
監督さんの声が響く。山田くん達は引き上げていった。えっ、もうで終わり? ( ・_・;) 次の撮影があるかどうか分からないので、ロケ見学は終わりにして知恩寺の「手づくり市」に向かった。

側にいたスタッフらしき若い女性に「何の撮影ですか?」と聞いてみた。すると「“鴨川”がつくヤツです」とのこと。ははぁ〜ん。もしかして、アレかな?

きっと京大出身の作家である万城目 学 (まきめ・まなぶ) 氏のデビュー作、『鴨川ホルモー』だ!

鴨川ホルモー
鴨川ホルモー
京都の街に巻き起こる、疾風怒濤の狂乱絵巻。
前代未聞の娯楽大作、ここにあり!

2浪の末京大に入学した主人公・安倍が誘われた新歓コンパで女子学生に一目惚れ (一鼻惚れ?) し、入部したナゾのサークル「京大青竜会」。そこは、普通の人には見えない鬼を使った競技「ホルモー」で他大学と対抗戦を繰り広げていた…というのが、あらすじ。

ホルモー? ホルモン? タイトルがすごく興味をひきますね。「ホルモー」とは、体長20センチほどの鬼100匹を使って行う競技だそうで、この鬼はCGで描かれるそうです。ユニークなのが、この鬼たちを使うときの鬼語。「フギュルッパ (進め)」、「アギュリッピ (突撃)」とか。ちょっと古代ローマ皇帝の名前みたい。

前出の栗山千明さんは、大木凡人似のダサいルックスで“凡ちゃん”と呼ばれる女子学生・楠木ふみ役だそうで。「千明ちゃんは、なんであんな巨大なシイタケみたいな頭なんやろ?」と思っていました。ナットク。

「手づくり市」の帰り道、すでに撮影隊は撤収した後でした。2009年春公開予定でメガホンをとるのは『ゲゲゲの鬼太郎』などの本木克英監督。一瞬でも自分が見たシーンが出てくるとウレシイかもね。

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

2008年1月クールのドラマ「鹿男あをによし」も万城目 学氏の作品だとか。着眼点がユニークというか個性的な方ですね。登場人物の名前が安倍、菅原、早良…とか。興味を引きます。

「鴨川ホルモー」を製作する松竹は、今後京都での映画作りを重視していく方針だとか。山田洋次監督が監修する「京都太秦恋物語 (仮)」の製作も決まっているそうです。

残念ながら撮影は禁止とのことでしたので、写真は河合橋の上から撮った1枚だけです。何のロケかもわからないと思うので大丈夫かな〜と。

それにしても。私たちが見たシーンは、本当に5秒もないくらい。それを繋いで映画になるんですねぇ。また、カット毎の撮影で演技のテンションを維持しなければならない俳優さんもタイヘンだなぁ。

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

東京ほどじゃないと思うけど、京都もTVドラマのロケなんかを見かけます。@まけ友は自宅近所でディレクターズチェアに座ってる人をよく見たら、俳優の橋爪功さんだったとか。

@くみは、ロケじゃないけど先斗町で。向こうから歩いてくる男女のきらびやかな一団の先頭、すごく小柄なおばちゃんをよ〜く見たら、故ミヤコ蝶々さんでした。これが取り巻きってやつなのね〜とプチ感動しました。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

明日、26日からのサミット外相会談を控え、京都はエラいことになってます。。。(@くみ)

ホルモー六景
『鴨川ホルモー』をめぐる6話のオムニバス。

 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

祇園祭を楽しむ、おすすめプラン
『鴨川ホルモー』にも祇園祭が登場します。

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 バス は、コチラ>>
  京都の社寺名跡は、コチラ>>

初夏の京都へ、おこしやす!“みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

ホルモーに興味アリ。そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:町をぽてぽて, 16:50
comments(4), trackbacks(0), pookmark
Comment
こんにちは、@くみ様、@まけ様

映画の撮影ですか〜。
わー、いいなぁ。
きっとそのシーンが出てきたら、楽しくなってしまいますね。

私が見たことがあるのは、二時間サスペンスドラマ撮影。
片平なぎささんと神田正輝さんでした。
帝王(船越さん)も見てみたいもの(笑)。
私の父は昔、大学時代のアルバイトで時代劇のエキストラをしていたそうです。
あのよくある大勢の「御用だ!!御用だ!!」の提灯を持つ役だったそうです。

いけこ, 2008/06/26 4:46 PM
いけこ様、こんにちは!

え〜、いいなぁ、片平なぎささんですかぁ?
もしかして「赤い霊柩車」シリーズ?(←by @まけ)

京都では2時間ドラマのロケ、
しょっちゅうやってるはずなんですけど、
なかなか見かけませんね。

インクラインではってたら、
帝王にも会えそうな気がします (笑)。

エキストラのバイト、いいですね。興味あります^^。
@くみ, 2008/06/26 5:03 PM
@くみさん、@まけさんおはようございます。
題名を見て、いやしい私は「ホルモン」と思っていました・・・・(笑)
記事にもしましたが、今度学校のすぐそばで、ロケが行われます。
いよいよ7月祇園祭のはじまりはじまり〜!また帰りが大変な時期がやってきてしまいました・・・
きさとぱぱ, 2008/06/30 8:32 AM
きさとぱぱさん、おはようございます!

え〜、そうなんですか!?
またレポしてくださいね。
私が見たのは、ほんの何秒かだけだったので…。

明日から7月ですねぇ。
何となく、よっしゃー!という気分です。
暑いのは苦手なので、祗園祭で
気合いを入れて乗り切るのですよ^^。
@くみ, 2008/06/30 9:05 AM









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/944665