RSS | ATOM | SEARCH
私はサキョーカー!〜 東山周遊編 中 〜
サキョーカー@まけが案内する
  〜 東山周遊・雑貨フェめぐり 中編 〜


今回のツアーはなんといっても『雑貨フェめぐり』。しかも少々古くさい(?)感じで突き進んでいます。
一乗寺から東大路通をバスで北上。御蔭通を歩いて東の北白川方面へ。実はこの御蔭通は結構すごい顔が揃っている道。『ベルクール』をはじめ『太陽カフェ』、さらには『如意』などなど話題も満載なお店がある。市バス3系統に乗ってもOKやけど、ここはお散歩コースとしても丁度よい距離と雰囲気なのであえて歩こうねっ。

御蔭通×北白川通の交差点、北白川別当町を南下すると、見えてくるのは…。

ギリR指定?「ガケ書房」。


壁から飛び出てジャジャジャジャ〜ン♪

初めて見る人は度肝を抜かれるであろう、一度みたら忘れられないこの外観。そう、「ガケ書房」。一乗寺の「恵文社」と同じく少々変わった品揃えの本屋さん。置いてある本や雑貨から似ているんだけどもアカデミックでアートな感じの「恵文社」に対し、コチラは少々ロックな感じ♪ マニアックというより“コア”。

両店の相違点をワタシなりにわかりやすく言えば、こだわりのあるモノをこだわってディスプレイしてある女性的な「恵文社」に対し、こだわっていないモノにこだわって陳列してあるバンカラな「ガケ書房」って感じかな?

どっちも独特の雰囲気で好きやけど、ワタシは「恵文社」より、若干エロスな「ガケ書房」の方が性にあってる(笑)。外観もさることながら、裏庭になんで亀が生息してんねん? とか、このテキトーな手書きの店内見取り図はなんやねん!とか、“官○小説辞書”って、どこの本屋にそんなもん置いてあるねんっ。。。って突っ込み所が満載なもんで…。


車のペイント(絵)は毎回変わる。

さて、ここで「ガケ書房」@まけおススメ本をご紹介。
3月はきのこ月間らしく、Y嬢が店内をウロウロし何冊か購入している間、ワタシは『きのこる』というペラペラのミニコミ誌を拝読。実はこのきのこの雑誌は最近、水面下で秘かに話題になっている(らしい)左京区発の「きのこ」専門誌。あまりにもマニアックすぎて滅多に売ってへんらしい。他にはない「ガケ書房」にて絶賛(?)発売中。

そしてもう1つ、日本キノコ協会の隔月刊誌の『Mookきのこ』。世界最大級のキノコ愛好家サークルの雑誌。これを偶然見つけた時、ワタシは思わず飛び上がって喜んでしまった。というのは数日前、某関西のTV番組で紹介してたばっかりやってん。。。この雑誌の編集長さんが出演されていて、きのこに対する異常なまでの愛に少々ひきそうになりながらも、あまりのマニアックぶりに爆笑しましてね。どこに売ってるんやろーって思ってたら、そうか「ガケ書房」にあったのか…。

MOOKきのこ6号
MOOKきのこ6号
こっからも買えまっせ〜(笑)。
きのこオレンジ きのこレッド きのこグリーン きのこブルー

なので京都市、左京区にきたら是非「ガケ書房」に行って、この『きのこる』『Mookきのこ』を手にとってみようっ!“きのこ”好きによる“きのこ”に対する愛と情熱があふれんばかりの内容に、きのこについて何故か語りたくなるかも!?

「ガケ書房」へのアクセス
【住所】左京区北白川下別当町33 
【電話】075-724-0071
【時間】12:00〜23:00/不定休
【交通】市バス3、5、204系統他「北白川別当」下車、徒歩1分
【HP】http://www.h7.dion.ne.jp/~gakegake/

現在「ガケ書房」ではテナント募集中だそうで。場所はお店の入り口脇の小さなスペース。広さは1.5m × 1.5m × 空にむかって無限大っていうのがコア過ぎて泣ける。


この入り口の右脇にあるスペースのことらしい。

ブース営業日は基本的に土日祝。期間は1日(家賃 ¥3,000/電気代込)から貸し出し。「味な企画お待ちしてます」だそうです(笑)。どうですか? みなさん(笑)。

山頂の隠れ家カフェ「茂庵」。
時刻はいい頃合い。お天気もぽかぽかでエエ感じや〜 おてんき 。これならこれから行こうとしている場所に行っても大丈夫。

 @まけ:「じゃ、今から少し山に登ってもらうから〜 楽しい
 Y 嬢:「えっ! や、山って…!? びっくり


いや、その山とちゃう たらーっ 。いくらなんでもそれはない(笑)。
ここへ行くのはワタシも久しぶり。今回この企画を考えてと言われた時、お茶の時間(外せない)はどこでしようか悩んだけど、他の店は行こうと思ったら行けると思ってあえてここにした。だって、ここは「行こう!」と思わへんかったら、到底行く気にならへんねん。ましてや1人ではちょっと行く気にならへん。特に面倒くさがりのワタシには。

“山”ときいておわかりになった人もいるでしょう。そう! それは吉田山山頂付近にあるという隠れ家的カフェ「茂庵」


吉田山をひたすら登ったら見えてくる。

よく考えてみれば山の上という不利な立地条件やのになぁ。それでもいっつも混んでいるのは、わざわざ来てでも行ってみたいと思わせるカフェやから。案の定、待ち時間1時間! でもここなら2階にあるカフェの下は待合い室やし、ゆったりした椅子に座ってゆっくりできる。また今日みたいな天気にいい日なら外でぼーっと日向ぼっこしてたら、あっという間に時間は過ぎるしね。ま、待ちきれずに帰ってしまう脱落者もいるけど…。時間を急いている人にはおススメできません。時間も心も余裕のある人が得られる幸せを堪能しておくんなまし〜。


窓側のカウンターから見渡せる京都市全景。


超激レア!「茂庵」ロゴ入りミニライトGET!
1時間以上待った人のみ貰える。ええやろ〜♪

Y嬢は優しい口当たりだけどまったりとした食感の“キャラメルチーズケーキ”と紅茶。ワタシはふんわり春色風味、甘〜い“苺のパウンドケーキ”と珈琲。

ここのケーキは素朴で優しい味がする。さっぱりしてるけど、甘さはしっかりしてるから好きやねんな〜。最近のスイーツは“甘さ控えめ”っていうのが多いけど、だったら食うなよって言いたい。スイーツは甘くて結構! 甘くないスイーツはスイーツぢゃねーんだよっ ケーキ

以上、@まけ講座『スイーツは甘いからこそスイーツぢゃ 』でした。さて、戯言はここまでにしておいて、しばし茂庵の写真をどぞ。




いや〜、どこを撮っても絵になるなー。どや? わざわざ行ってみたいと思わへんか イヒヒ

「茂庵」へのアクセス
【住所】左京区吉田神楽岡町8
【交通】神楽岡コース=市バス5・203系統他「銀閣寺道」下車
    徒歩約15分
【時間】11:30〜18:00(17:00L.O)
    月曜休(祝日の場合は翌火曜休)
【電話】075-761-2100
【HP】http://www.mo-an.com/

「茂庵」について詳しくは、コチラ>>
HPおいでやす京都どっとこむにも載ってます。


たっくさん歩いたからか、それとも歳なのか…。この場に落ち着きすぎて思いかけずゆったりとした時間を過ごしていると、太陽が西へと沈みかけてゆく。カウンターテーブルに置かれたグラスの影がそれを知らせてくれたので、そろそろおいとませねば。小さいとはいえ山。暗くなってからの下山はちょっと怖いし。さ、ここからまたバスに乗ってさらに南へ行きませう。ツアー締めくくりは夜でないと楽しめない。しかもこの時期でなければ意味がない。目的地に着く頃にはちょうど宵頃となっていることでしょう。

さぁ〜て、夜の東山の楽しみ方は? 長くなるので後編に続く!

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

※お断り。今回のツアーは3月15日限定となっております。「なんで?」って? それは前編から次回の後編まで読めばわかる。この日以外でこのツアーは実行できませんから〜。ましてや土曜日、晴天という状況が重なるなんてワタシ達は運がいい。このツアーをしたくば、来年3月までしばしお待ちを。

関連ブログ記事
私はサキョーカー!〜 東山周遊編 前 〜(08.03.19)
前回の東山周遊。知恩寺・手づくり市 〜 一乗寺周辺をゆく。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

前・後編で送るはずだったこの「ぐる〜り東山周遊」。思ったより書くことがいっぱいになったので、今回の記事は中編になってしまった。もっとこう簡潔に、それでいて素敵に書けないものかね。。。  (@まけ)

 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

五日間限定!! 春の京都御所一般公開と京都三大枝垂れ桜

4月9日〜13日の「御所一般公開」プラン始動。

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  市バスなど京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>

桜舞う春の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

たくさん歩いた3日後に筋肉痛…。 そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:町をぽてぽて, 16:03
comments(4), trackbacks(0), pookmark
Comment
「きのこる」とか。。もうツボ!!
きのこあまり好きじゃないけど。
これ興味ありますね〜マニアックさがたまらない(*´艸`)

茂庵は気持ちいいですよねぇ〜
暑くなる前にもう1度行きたいです☆
前はランチだったので今度はスイーツで(*ゝ艸・)
まめ, 2008/03/31 11:40 PM
あらま、まめさん。
きのこはあまりお好きではないと(そーいやそんなこと言ってましたっけ)?
でも、あの形はなんとも可愛くないですか?
この左京発のミニコミ誌「きのこる」はなーんと300円。買っておけばよかったなーと後で思いました。

私はスイーツばっかりで「茂庵」のランチは食べたことがないんですよ。美味しそうですよね。前に行った時はどこからともなく、よい匂いがしてたまらんかったです。。。
@まけ, 2008/04/01 8:45 AM
こんにちは、@くみ様、@まけ様

キノコとはちょっと形状が違いますが、銀竜草が好きです。

茂庵は、上がったご褒美のビール!!につきますねぇ。
あれ?酒飲みでしたわ(笑)
@まけ様セレクトの苺もいいですねぇ。
いけこ, 2008/04/01 1:26 PM
こんにちはー、いけこさん。

私も銀竜草、好きでーす!
いかにも菌っぽい形状というか、幽霊みたいな妖しげなところとかなんとも。一度でいいから、暗闇の中で白く浮かぶ銀竜草を見てみたいものです。

そして…ビールとはいけこさんらしい(笑)。いけこさんは苺なんかより、柿ピーとか、するめとか、ビーフジャーキーの方がいいんじゃないですかー???
@まけ, 2008/04/01 5:21 PM









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/862967