RSS | ATOM | SEARCH
時代祭2007
〜 秋の都大路を華麗に彩る歴史絵巻 〜
 
スッキリと晴れた10月22日の月曜日、「時代祭」を見に行ってきました。

今年より新設、室町時代列!
時代祭が始まったのは今から約100年前のこと。その当時は室町幕府の創始者、足利尊氏は後醍醐天皇に逆らった逆賊、ということで室町時代列は作られなかったのです。

本当は、桓武天皇没後1200年の2005年に登場予定だった、とのことですが、2年後の今年、2007年に登場とあいなりました。「室町時代列」は、足利幕府の将軍などを中心とする「室町幕府執政列」「洛中風俗列」の2つで構成されています。

“風流踊り”を再現
時代祭・室町01 時代祭・室町02

時代祭・室町03 時代祭・室町04

「洛中風俗列」は、室町中・後期〜江戸初期に流行ったといわれる「風流 (ふりゅう) 踊り」を再現しています。平安時代の「田楽」、鎌倉時代の「踊り念仏」などとともに日本各地の盆踊りのもとになったと言われています。

「風流踊り」は男性が女装したり、また女性が男装したり。地位や身分を超えて楽しむものだったとか。豊国神社所蔵の「豊国祭礼図屏風」には、豊臣秀吉の七回忌で熱狂的に踊る人々の姿が描かれています。

時代祭・室町05
列の全体。中央に傘、前に囃子、後ろに踊り手。

行列は約50人。音頭取りや笛や鉦 (かね)・太鼓などの楽隊である「中踊り」と、小袖姿で竹製のささらを持って踊る「側 (がわ) 踊り」で構成されています。再現にあたっては、室町時代からの原形をとどめる草津市・老杉神社の「サンヤレ踊り」を参考にしたのだとか。

時代祭・室町06 時代祭・室町07
見えにくいですが…。
左の写真は棒振り囃子に似たよく踊り。

祗園祭とそっくり! 蝶や牡丹の花で飾った傘は傘鉾 (綾傘鉾、四条傘鉾) そのまんまです。棒を振り回して踊る音頭取り (?) は綾傘鉾の「棒振り踊」、四条傘鉾の「棒振り囃子」とよく似ています。傘鉾が山鉾の古い形態を残すものであることは聞いていました。実際に見てみると「あ〜、これがルーツなんやぁ…」とフッと思いました。点が線につながった感じです。

行列の華、平安女人列!
時代祭で人気があるのは、花街の芸妓さんが扮する歴史上の有名な女性たち。中でも巴御前や紫式部、清少納言の平安女人列は人気があります。

時代祭・巴01

時代祭・巴02

時代祭・巴03
馬上姿も凛々しく美しい、巴御前。

あ〜、おキレイです。一応、@くみの御先祖様は巴御前ということになってます (木曽義仲にひっついて来た人達らしい。でもホントのところは??)。ちょっとぐらい御先祖様のDNAを受け継ぎたかったです…。

時代祭・清紫01

時代祭・清紫02
呉越同舟? 清少納言と紫式部

実際にこの格好をするのは大変そう。見ている側で、実際に行列に参加したはるおじさんがお話されてたんですが、早い人は朝7時頃から仕度をされるとか。特に女性は御手洗いが大変なので、水分を摂らず、お餅とか水分の多い食べ物だけでガマンされるのだそう。

舞台裏をのぞいてみると…
あまりTVなどでは写らない、時代祭の裏側をちょこっとお届けします。

時代祭・舞台裏01a 時代祭・舞台裏01b
と〜ってもおとなしいお馬さん。長い睫毛が印象的。

時代祭に登場するたくさんの馬。順番待ちで居並ぶお馬さんの中で、すっごく可愛いコを発見! みんなにナデナデされてました。嫌がるどころか、うれしそうで。興奮させないよう、そっとなでました。

時代祭・舞台裏02
かわいいお衣装ですね。

撮影のため、ポーズをとってくれたおねえさん。かわいかったです。

時代祭・舞台裏03
え〜っと、ボクの出番は…。ああして、こうして…。復習中?

時代祭・舞台裏04
「はぁ〜あ、まだかいな〜」という声が聞こえてきそう。

先頭が出発して、はや1時間あまり。行列は、まだまだ続きます。御所の中で出番を待つ人達。お昼寝してて大丈夫?

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

何となく出くわした、ということはありましたが時代祭を見物に行ったのは初めてです。家族や友人、知り合いが出てたりしなければ見に行かないのかも。

見ていて思ったのですが、もっとエンターテイメントに徹してはいかがでしょう? 例えば坂本龍馬はおりょうさんと、桂小五郎は幾松さんとカップルで行進するとか。義経&静御前も。淀君は、ねねさん (=北政所。そういえば、いはりませんね?) と一緒に輿に乗るとか。

何といっても新撰組がないのが一番残念かな。これもきっと発足当時は「逆賊」という位置づけだったのでしょうね。次は、きっと! でも何年後でしょう。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

「洛中風俗列」を担当する深草室町風俗列保存会は深草学区にあります。子どもの頃、ココに住んでたんですよ。もしかして同級生がいるかも、と思うとちょっとうれしかった。(@くみ)

ブログ記事カテゴリーの
 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

JTB−11月3連休の宿2007
まだ、間に合う! 京都の紅葉。

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>
  京都の社寺名跡は、コチラ>>

秋の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

ほんまは出たい? そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の祭り, 21:01
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Comment
こんにちは!お久しぶりです^^

時代祭り、去年を思い出します。
毎年これだけ盛大なお祭りを支えている方々はすごいと思います。

ところで衣装のまま地べたに寝ている姿は衝撃的です(笑)
里奈, 2007/11/05 1:23 PM
里奈さん、こんにちは〜。
お久しぶりですねぇ! お元気でしたか^^?

アノ写真は13:00くらいのものかな。
何だか、とっても人間ぽくてイイなと思ったので。
お疲れ様ですの意をこめて。

先頭が出発してから、すでに1時間は経ってます。
そりゃー、疲れますよね。
参加する方もサポートする方も大変です。
@くみ, 2007/11/06 11:22 AM









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/725879