RSS | ATOM | SEARCH
「ガスパール」でフレンチディナー
思えばココの存在を知ったのは、ほぼオープン当初。。。

「人気が出る前(誰よりも先)に行こう!」と@くみ姐と約束をした…にも係わらず、お馬鹿な自分が「こーゆー店があるよー」と迂闊に口を滑らしてしまったが為に、妹に出し抜かれ母親に先に行かれ、『しまった!』と地団駄を踏み、@くみ姐に平謝りをしたことがある…。
 (TT#) m(--;(_ _;(--;m ペコペコ えろうすんません。。。
まあ、こんなに雑誌に載ってしまえば遅かれ早かれ知られたんやろうけどさ。

そんなこんなで、あれよあれよとゆーてる間に予約がなかなか取れない、京都でも有名なフレンチレストランになってしまったと言っても過言ではない。
しかしこの度ようやく。新町錦小路角にあるフレンチのお店「ガスパール」デビューを果たすことが出来ました! 拍手


こぢんまりとした可愛い外観の「ガスパール」

ガスパール念願デビュー! ディナー
アットホームで温かみのある落ち着いた雰囲気の店内。フレンチディナーを食べるのは実に久しぶり。ずっと来たかっただけあって、期待も大きい。どこまで応えてもらえるものか楽しみです。

前菜2品、メイン(肉・魚)1品ずつ、デザート1品をメニューから好きな物を選ぶBコースをチョイス。そのメニューの多さに圧倒・圧巻。前菜は冷・温とあり全13種類。メインは魚4、肉が7種類と実に多種。どれもこれも食べてみたいと思わせるものばかり。。。うーん、この中から選ぶのは苦難ぢゃ。お酒はあまり呑めへんけど、こんな時ぐらいは…とグラスワインを。白で一番飲みやすいものをチョイス。


スッキリとした清々しい味の爽やかワインには
チーズ味のクジェールがピッタリ合う。

アミューズ(先付)で来たグジェール。これ、ホント美味しくて何個でもいけそう。袋詰めにして欲しいくらい。どんなのかというと、サクッとした感触が楽しいチーズボール?…と私の知識は所詮こんなもん(笑)。@くみ姐に訊いてみたところ“グジェール”とはシュー皮にチーズをまぶして焼いたものだそうだ。

まずはオードヴルから
オードヴルは冷前菜と温野菜の13種類。その中から好きな2品を選びます。


どういう組合せでもOKなので、
冷・温野菜から1つずつチョイス。

鮮魚のカルパッチョ オニオン風味のドレッシング ハーブのサラダ仕立て”。
なんと!大好きなスズキや〜ん。カルパッチョにするなら赤身より白身魚、それもスズキが絶対に美味しいと思ってるだけに、これは嬉しいです。しかもぷりっぷり。スズキの上には一面雪のように広がる玉ネギドレッシング。その上にバジルソースとサラダが。さらに軽〜くバルサミコソースがかかってますね。
バジルのほんわり甘みとバルサミコの酸味の混ざり具合がたまりまへ〜ん。ふわぁ〜、お口の中でスズキがビチビチと跳ねてるみたいです。サラダとシャッキリ玉ネギもとっても新鮮♪これだけでお腹が膨れそうな勢い。

うなぎとフォアグラの温かいテリーヌ バルサミコ風味
焼きリゾットと共に
”。
こちらは温前菜。ワタクシ、テリーヌとパテには目がないので。うなぎもフォアグラもそれぞれ癖のあるものやけど、喧嘩せず仲良くなってます。表面カリッカリのリゾットと一緒に食べると、まったり美味い。。。


それぞれちょっとずつ食べたいな。

上2つの写真は“ウニと赤ピーマンのムース コンソメジュレ仕立て”と“フォアグラのフラン ポルト酒ソース”。どちらも口の中でとろけてく。ふにゃぁ〜と体もとろけてくぅ。ウニと赤ピーマンのムースは私も最後まで迷ってたシロモノ。フォアグラのフランはアッツアツなので食べる時は気をつけようね。

さあ、魚料理です


パイ皮を破る時って何だかワクワクしませんか?
(マウスオンしてみてね♪)

海老の香りいっぱいの熱々のパイ包み焼き”。
サックリと、香ばしいバター風味いっぱいのパイを切りますと中からとろとろエビクリームが。どさくさに紛れて小海老がゴロリゴロゴロとパイの中から脱走しそうな勢いで出てくるので「逃がすものか!」とフォークで突き刺し、はふはふと食べてやる。
うほほほほ♪こりゃ美味しいY(ワイ)。

しかしこの後。@まけはとんでもない『盲点』に気づくこととなる。。。

メインに入る前に、お口直しのグレープフルーツとカンパリのシャーベットが出てきました。「溶けるので早いめにどうぞ」とのこと。

メインの肉料理で…
ここまでで、もうすでにお腹いっぱい。とっても満足だし、すっごく美味しい…んやけど、なんか味が一貫して同じやなぁと思うのは気のせいやろか。先程のパイ包みが新鮮に感じるのはナゼ?


“にんじんの添え野菜”は魚料理でも出てたりして。

鹿児島産・黒豚のコンフィとレンズ豆の煮込み バルサミコ風味で”。
“コンフィ”とは焼いた肉を更に油で煮るというもの。カリッカリに焼いた表面にやわら〜いリブ肉。その下にはレンズ豆が恥ずかしそうにたくさん隠れています。上にはこれでもか!というくらい、た〜っぷりのバルサミコソースが一面に広がり…。

…ん? (゜_・;)

バルサミコォ(爆)!

よくよくよくよく考えたら、前菜両品にはこのバルサミコソースがかかってたんや!なーんか味が似たりよったりやなーと思ってったんは気のせいちゃうやん!しまった。素材が重ならんよーにはしてたけど、そこまで考えてチョイスしてへんかった。「きっとバルサミコがむっちゃ好きな客なんやなぁ」とお店の人に思われていたかも知れない。

いや嫌いではないわけで…。むしろ好きなわけで…。ただ違う味も堪能したかったわけで…。“エストラゴン風味”とか“エスプレッソコーヒーソース”とか他にも色々あったわけで…。トホホ…なわけで…。

ガスパール“名物”デザート


食べても食べても減らへんねん、コレが(笑)。

ガスパールのデザートと言えば、コレ“グレープフルーツのやわらかプリン”。
他にも色々あったけど、やはり最初はこれを食べたい。口あたりさっぱりのグレープフルーツのほのかな香り。口の中でとろけるまろやかなプリンちゃん。お腹一杯にはちょうどいいかも。

デザートの後は小さなお菓子(まだあるんや、油断した…げっぷ)と紅茶をいただきました。バニラ風味の紅茶って初めてやけど美味しい。

これで4,900円のコースやっていうんやから、びっくりしてしまう。ここまで本格的なフレンチをこれだけリーズナブルな値段で食べられるとは。いやいや参りました。ちなみにデザートの前にチーズを勧められたけど、とても食べられそうにありません。。。

「Gaspard(ガスパール)」へのアクセス ディナー
【住 所】京都市中京区新町四条上ル錦角
【時 間】11:30〜14:00 (LO)、
     18:00〜22:00 (LO)
【定休日】木曜日
【電 話】075-221-5517
【交 通】地下鉄烏丸線「四条」駅 または
     阪急「烏丸」駅、徒歩10分

ここ「ガスパール」は他に2号店と3号店があります。
昔本店でも食べられた人気のビストロランチ(ワンプレート¥1,000)は今では「Gaspard zinzin(ガスパールザンザン)」でのみ食べられます。あとココット料理が中心の「Gaspard de la Nuit(ガスパールドラニュイ)」が最近オープンしました。どちらも行ってみたい☆

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

ものすごく満足したけど、今回チョイスしたコースは見事なまでに「バルサミコース」でした。酢がちょっと苦手やから酢をたくさん食べなさいという神様からのお達しか…?まあ、黒い食べ物は体にいいとも言われているし…(ちょっと違うか)たらーっ

〜 * 〜 * 〜 * 〜

九月も下旬やというのに、まだ夏の熱気が続いてんね。でもそれも日中だけのこと。朝方と夜は少しヒヤッとして秋が近づいたんだなと感じるようになりました。でも一番、秋を感じさせるのはここ最近の“食欲”。冬になる前が恐ろしい…。
(((((((( ;゚Д゚))))))) ガクガク (@まけ)

京都フレンチのお店を選ぶ前に【ぐるなび】検索!

ブログ記事カテゴリーの
 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

【一休限定】紅葉の京都、満喫プラン!

見る 京の町歩き情報は「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>

初秋の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

天高く“みうみう”肥える秋。そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:ウマウマ京ごはん, 16:43
comments(7), trackbacks(2), pookmark
Comment
私は3000円以上の料理ってそういえば結婚式と新婚旅行以来食べていないかもしれません(笑)

羨ましい〜 コース料理って目で見て下で味わい食の展覧会みたいですよね。

タグの解説ありがとうございました^^色んな事が出来るんですね〜
里奈, 2007/09/30 6:22 PM
お久しぶりです。
やっと涼しくなってきました。今年の暑さの後の涼しさは格別です。お元気ですか。ガスパールですが・・・・。
去年の7月に噂のガスパールに行きました。3900円のコースでした。さすがに噂にたがわず味、量、サービス共に最高でした。そして、最近開店したガスパールの3号店Gaspard de la Nuit(ガスパールドラニュイ)、9月の中ごろに行きました。ココット料理中心のメニューなんですが、ガスパールの1号店と比べると、美味しいことは美味しいですが、何となくイマイチな感じでした。好き好きもあるでしょが・・・・。もう知っておられるかも知りませんが、川端丸太町南東少し歩いたところにあるフランスレストラン”Lannion(ラニオン)”もいいですよ。
, 2007/10/01 1:37 AM
ガスパールのコメントはカシーロです。すみません名前の入力忘れました。
カシーロ, 2007/10/01 1:54 AM
里奈さん、おはようございます。

こういう本格的なフレンチのコースをディナーで、というのは「気合い」を入れないと、なかなか行けませんよね。

「食の展覧会」。ナルホドー、いい表現なさいますね〜。まさにその通りだなぁと思わず頷いてしまいました。

タグですが、「ブログでどこまでタグが通用するか!?」というのを@くみ姐は模索&研究&挑戦中らしいです(今回も写真タグをちょいといじってます)。

参考にしていただければ嬉しいです(^^)。里奈さんもブログで使ってみて下さいまし〜。
@まけ, 2007/10/01 8:52 AM
カシーロさん、おはようございます。

確かにものすごい量でした。欲張って(?)BコースにしたもののAコースで十分、満足できる量ですね。しかも採算合ってるのかと思うくらいリーズナブル!フレンチ料理=高い という図式を見事崩してくれましたね。

「夜のガスパール」も行ってきはったんですね。こちらの方、少し苦手だと言う人もいるみたいですね(^^;)。癖があるんでしょうか…?やっぱり本店が一番ってことなのかな?

「ラニオン」さん!行ってみたいお店のひとつです。やっぱり噂どおり美味しいんですね。。。
@まけ, 2007/10/01 9:03 AM
こんにちは、@くみ様、@まけ様

ひゃ〜、何て偶然!!
実は、今週水曜日にここへランチに行くんです〜。
土日はなかなか予約が取れなかったので、
平日休みにやっとですよ〜。
@まけ様の記事で、益々期待大ですね。
わくわくしてしまいます。うふふ、楽しみです〜。

いけこ, 2007/10/01 11:39 AM
いけこさん、こんにちは〜。

まぁ〜、何て偶然!!
私も土日は予約が取れないんで、平日に行ってきました。それも二週間前に予約して!絶対に行きたかったんで。

いけこさんもぜひ記事にして下さい。そしたらトラバ♪貼り合いっこしませう。

とにかく美味しそうなメニューに興奮して、目移りしますが、ここは冷静にじっくりとチョイス。私のように「バスサミコース」にならないようにして下さいね(笑)。
@まけ, 2007/10/01 12:40 PM









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/693156
Gsaparl(ガスパール)
待ちに待った平日休みの10月3日、土日の予約は1ヶ月先とまで言われている人気ビストロ「Gsaparl
東山雑記, 2007/10/11 3:41 PM
スマイリープレート。
かなりアップするものがたまってます。なんとか今年中に披露しなくては。。。と気持ち
ほんわかぶろぐ, 2007/12/10 10:28 PM