RSS | ATOM | SEARCH
行ってみたい2月の行事 〜廬山寺・追儺式鬼法楽
 
〜 京の町に春を呼ぶ 〜

気が付けば、もう1月も終わり。
1年の12分の1が終わることになる。早ぁ〜い、早過ぎっ!
ここ最近の京都は、晴れ間がのぞくことが多い。ポカポカとうららかな陽射しは、すでに春のもの。そして、春が来る前の行事と言えば…忘れちゃならない、「節分」!

京都の各寺社でも節分祭が行われる。中でも、有名なのが吉田神社。京都で節分と言えば、はやり“吉田さん”。露店もたくさん出て、とっても賑やか! そして壬生寺

これは、京都の古い慣わし「四方詣り(しほうまいり、よもまいり)」によると思う。節分の日に東西南北の鬼門に当たる4つの寺社に詣ると、その年の恵方がどこであっても大丈夫!というもの。東北方は吉田神社、東南方は伏見稲荷大社 (八坂神社)、西南方は壬生寺、西北方は北野天満宮とされている。(ちなみに、2007年の恵方は北北西)

他にも、見てみたい、面白そうなものはたくさんある。今日は、その中で去年行った“廬山寺の追儺式鬼法楽”を紹介します。
(その他、京都の主な寺社の節分祭一覧は コチラ>>

ユーモラスに舞う鬼 〜鬼踊り
節分に廬山寺で行われる「鬼法楽」は通称「鬼踊り」と呼ばれる。法楽、とは音楽や踊りなどで神さま・仏さまを楽しませることとか。開祖元三 (がんさん) 大師良源 (912-985、謚号は慈恵大師) が宮中で鬼を退治したという故事による。

赤、青 (緑)、黒の3色の鬼が、足拍子をとって踊りながら本堂内で行われている護摩供養を邪魔するが、最後には追い払われるというもの。この3色というのが人間の3つの煩悩、「貪欲、怒り、愚痴」を表現しているのだとか。

こういった“悪いもの=邪気”を季節の変わり目に追い払い、キレイになったところで新しい季節を迎え、開運しましょう! と言うことなのだ。イマドキっぽく言うと、“運気のデトックス”?

鬼踊りはこんな感じ。コレは2006年の様子です。

廬山寺-鬼踊り01
赤鬼は「貪欲」で、手には松明と宝剣。

廬山寺-鬼踊り02


廬山寺-鬼踊り03
大槌をさげた黒鬼は、「愚痴」

廬山寺-鬼踊り04


廬山寺-鬼踊り05
大斧をかついだ青鬼は、「怒り」を表す。

廬山寺-鬼踊り06
うぅぅ、やられたぁ〜。降参。。。

この鬼たち、何ともユーモラス。お相撲さんみたいに丸々太ってて、ちっとも強そうに見えない。法螺貝や太鼓の音に合わせ、ステップを踏んで踊る姿はダイナミックなんやけど、どこかのんびりと愛嬌がある。だから結構人気があって、境内は人で溢れかえっている。

廬山寺-蓬莱豆
これが蓬莱豆。1袋400円くらいで買えます。

鬼は邪気を払う弓や豆によって退治される。この豆は「蓬莱豆」といって、炒った大豆を紅白の砂糖衣で包んだ珍しいもの。

廬山寺-鬼のお加持
鬼のお加持

「鬼法楽」の前後には、邪気を払われた鬼による「鬼の御加地」が行われ、身体の悪いところを直してもらえる。

廬山寺「追儺式鬼法楽」へのアクセス
【住所】京都市上京区寺町通広小路上ル
【日時】2月3日 (土) 14:00〜、16:00〜 鬼の御加持
           15:00〜 追儺式
【交通】市バス17・205「府立医大病院前」、
    京阪「出町柳」駅下車 徒歩約15分

撮影のベストポジションを得るには、場所取りが必要かも。例年、雪が降ることも多いので、寒さ対策はしっかりしてくださいね。
でも、今年はすごくあったかくて、昨日はナント15℃くらいあったらしいです。ん〜、このまま春になるわけないし、寒の戻りがコワイです。

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

「吉田さん」の節分祭の“お楽しみ”と言えば、露店。たくさん出て、しかも充実してます。河道屋さんの年越し蕎麦、前田のベビカス…。もちろん、恵方巻きや塩イワシも売ってま〜す。露店を見て歩くのって、楽しいですよねぇ〜。一回、日仏会館前で売ってるヴァン・ショー (ホットワイン) を飲んでみたいです。あったまりそうでしょ♪

〜 * 〜 * 〜 * 〜

去年、廬山寺で蓬莱豆を拾おうとした時のこと。
突然、右こめかみにガツ〜ンと衝撃が走り、目の前に☆が“どひゃっ!”と飛んだ。
  @くみ:w(☆o☆)w ※■÷◎〜。←声にならない
  @まけ:大丈夫? (´・ω・`)
      今、何か“ゴツン!”って、ゆうたよ?
私の右側に立ったはった人のカメラのレンズが激突したのでした。あの、バズーカ砲のようなレンズは、凶器になりえます…。注意してください。どうか、お願いします。m(_ _)m (@くみ)

福招き手帖
福招き手帖
ほわっと幸せな気持ちになれる本。
“開運トースト”って、ちょっとオモロイ。

関連ブログ記事
初詣とおみくじのアレコレ(07.01.09)
元三大師良源さまは、“おみくじ”の元祖でもあるんです。

“みうみう”のバレンタイン♪
本命? 義理? それとも自分用にする?

見る 京の町歩き情報は「京都便利帳」でチェ〜ック!
  市バスなど京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>

京都ブライトンホテル【一休限定】ウインター・スペシャル

ゆったり過ごせる人気のカップルプラン。
ダブル/ツイン¥15,000〜、朝食付は¥19,000〜

冬の京都へ、おこしやす! “みうみう”のwebサイト、「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!
「おいでやす京都どっとこむ」は コチラ>>

節分には恵方巻きをもぎゅもぎゅ。そんな“みうみう”に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の明日, 17:04
comments(8), trackbacks(1), pookmark
Comment
こんにちは、@くみ様、@まけ様

今年は丁度、廬山寺に行こうかなと思ってたんです。
毎年吉田が多かったので、今年は趣向を変えて。
でも、壬生寺の焙烙も行かなければ・・。
両方行ってしまってもいいですよね!!
場所取り早めに行った方がいいですかね?
望遠レンズに気をつけなければ(笑)。

追伸:@くみ様、チーズフォンデュのトマト味ってどうやるんですか!?
プチトマトをチーズにくぐらすことしか、思いつきません〜。
ご教授下さいませ〜。
いけこ, 2007/02/01 1:07 PM
いけこ様、こんにちは!

私も吉田さんが多いので、
壬生寺は行ったことないんですよぉ〜。
焙烙、結構重たいらしいですね。

廬山寺、行ってみてください!
ただ、境内があまり広くないので
ホントに望遠レンズにはお気をつけて (笑)。

トマト味のチーズフォンデュ、
どこかのブログで見たんですよ!
家ではつくったことないので…。

え〜っと、確か
 鍋にニンニクで香りをつけ、
 トマトジュースかペースト状のトマト缶を
 2人分で1/2カップくらい入れて沸騰させ、
 チーズフォンデュの素かチーズを入れる。
だったと思います。

サッパリして美味しそうですよね〜♪
普通のも美味しいけど、ちょっと
もたれることもあるので。。。
@くみ, 2007/02/01 1:42 PM
私も今日は節分記事にしましたよ^^

京都は節分のイベントがたくさんあってどこに行こうかと非常に迷いますね〜!

こちらのお寺もこんなに楽しい演出があったとは知りませんでした!

去年は吉田神社へ行きましたがすごい人手と出店の多さに驚きました〜でも賑やかで楽しいですね♪
里奈, 2007/02/02 3:30 PM
うぉぉおお面白い!本日の京都人の皆さんのネタは節分で統一されているような感じです。

やっぱり勉強になりますね〜@まけさん@くみさん、いつもありがとうございます〜♪
hayate, 2007/02/03 9:32 PM
里奈さん、こんばんは〜!

なかなかバラエティに富んでいて、面白いですよね。
吉田さんは、あの出店の多さに迷ってしまいます。
楽しい悩み?

私は壬生寺に一度も行ったことないので、
一度行ってみたいと思いつつ、今年も。。。

@くみ, 2007/02/04 9:20 PM
hayateさん、こんばんは!

節分は格好のブログ☆ネタなんですよね〜。
他にも面白い風習があって、
イワシの塩焼きの頭をヒイラギに刺して
玄関先に飾っておく“やいかがし”とか。
まさに、「イワシの頭も信心から」?
他にも、なぜ「豆」をまくのか、とか
調べてみると、いろいろ面白い事が出てきました。
いずれまとめてHPにUPしたいと思ってます。
(←いつのことやら…)

東京や、hayateさんのご実家の辺りは、いかがですか?
@くみ, 2007/02/04 9:27 PM
おはようございます、@くみ様、@まけ様

節分会行って来ました〜。
一時間前に行ったのですが、廬山寺の境内は、凄い人出。
写真を撮っても、人の頭でいっぱいです。
でも、とてもユーモラス。楽しかったです。
そして、蓬莱豆って意外に硬いんですねぇ(笑)。
トラバさせてくださいね!!
いけこ, 2007/02/05 11:12 AM
いけこ様、こんにちは!

あっ、そうなんですか〜!
鬼踊りはなかなかユニークでしょ?
今年は土曜日だったので、
さぞ多かったでしょうねぇ。

蓬莱豆、お買い上げされたんですね?
去年まかれたのを拾ったんですけど、
食べてないんですよ〜。
そのままおいてあります^^。

TBありがとうございまぁ〜す!
@くみ, 2007/02/05 12:19 PM









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/489320
廬山寺・壬生寺節分詣
廬山寺の鬼法楽。「貪欲」の赤鬼、手に松明と宝剣。 邪気を祓う桃の弓にて、退散。 蓬莱豆。豆を砂糖で
東山雑記, 2007/02/05 11:13 AM