RSS | ATOM | SEARCH
京都怨霊絵巻 〜白峯神宮その3〜
コロたま!Vol.023 怨霊となりて

崇徳院の死後すぐに、平氏が権力を振るい始め、云々かんぬんあって…。1192年、鎌倉幕府が成立。
朝廷では院政を行っていた後鳥羽上皇は幕府に対して兵を挙げるけど、結局、幕府側の勝利。朝廷と幕府の立場は一転する。
歴史的に多大な動きを見せたこの出来事を“承久の乱”と言い、これをきっかけに、朝廷権力は制限、幕府が皇位継承などに影響力を持つようになるワケやけど、詳しく話してると違う方向へ行っちゃうので、この話は\(^^\) (/^^ )/コッチにおいといて。

撃沈 祟りか? “承久の乱”〜 朝廷から幕府へ 〜 ×××
この承久の乱で後鳥羽上皇が流刑されると、朝廷では崇徳の祟りが起こったと畏れられた。こういう人々を脅かすような厄災を非業の死を遂げた人間の怨霊の仕業だとみなして畏れ、それを鎮める為に平穏を実現しようとする考え方を“御霊信仰”というらしく、先に書いた“御霊神社”の崇道天皇(早良親王)や伊豫親王なども信仰の中に入っているという。

せかやかてなぁ。なんでもかんでも“怨霊”のせいにしたらいかんのとちゃう? 怨霊さんたちも都合よく使われているだけなのでは? と思わなくもない。いくらなんでも、そりゃ偶然やろう? ところが、やっぱり崇徳上皇の怨霊のせいかも知れへんと思わせるだけの理由が実はあったんや!

困惑 キャッシー崇徳“怨霊伝説”の結末 ×××
崇徳天皇崩御から700年も経った1868年。明治天皇が即位の際に崇徳天皇の霊を京都へ帰還させたとされるこの年に“白峯神宮”は建立されました。

???class=
白峯神宮の境内にひっそり佇む崇徳院の碑

さてここで問題。『1868年は何があったでしょう?』
わからない人にはヒント。
『その一年前の1867年には何があったでしょう?』

わかりましたか? ピンポーン! ひらめき “大政奉還”でーす。
二条城で行われたことで超有名な政治的出来事。もっとわかりやすく言えば、江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜が朝廷に政治の権限を返上したんやね。
ここまで言えば、勘のいい人はお気づきでしょう。

そう、この崇徳天皇が世を恨みながら崩御するくらいから、白峯神宮の祭神になる前年まで、ずーっと主権は天皇中心の朝廷側ではなく、武士や将軍中心の幕府側が握っていたというワケです。

更にわかりやすく年表にすると ↓
 鳥羽院崩御・保元の乱………1156年
 平氏政権(六波羅政権)……1160年
 崇徳天皇崩御…………………1164年
 鎌倉幕府………………………1192年
 承久の乱………………………1221年

   〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
 大政奉還………………………1867年
 王制復古・白峯神宮建立……1868年(明治元年)


歴史の大きな動きがわかるかな〜?

白峯神宮が建立された1868年に“王制復古の大号令”が下されたんやね。内容は摂関制度、幕府を廃し、天皇による新政府の設立を宣言するというもの。これで正式に天皇以外のものが実権を握ることは完全に断たれたというワケです。

「えー、神様にしてくれんの? それで京の都に還れるんなら、もういいやー」ってなもんか?
そんなんでホンマによかったんか?

ちなみに、崇徳の謚号“崇”は“祟(たたり)”という字に似ていることから、また“徳”という字には怨霊封じの意味があることからついたという説があるらしい。
“崇”の字は“あがめる”とも読めるしね。ナルホド、崇めりゃーよかったんかい。

崇徳さんってば、根が深い割には、結構単純で意外に現金 お金 なお方やったみたいやね(お茶目さん、クスッ)。

地球 サッカーに嫉妬するかも!? サッカーボールサッカーボールサッカーボール
そんな崇徳さんが祀られている“白峯神宮”は、今やサッカーの神様として、現在大変な盛り上がりを見せている。特にここんとこ修学旅行生たちの観光タクシーが、あんま広くない境内を黒い車体で埋め尽くしている。いつの時代もファンっていうのはありがたいもんやね。

¥μ¥a°《?1/4?c3¨?
せっかく来たんやから、ジーコジャパンの勝利を願って
特大絵馬に書き込みましょうね。

ただ、このように皆様方がサッカーにちなんだ御守りや絵馬を購入している姿を見ると、つい『ブラック@まけちゃん』がひょっこり顔を出してほくそ笑む。

「ここは怨霊が祀られてんだぜ。みーんな、なぁーんも知らんで楽しんでんなぁ。ケケ イヒヒ

怪しげな笑みで観光者を眺めているヤツがいたら、それは多分、私です。。。

あんまサッカーサッカーばっかゆーてると、せっかく今は大人しい崇徳さんがヘソを曲げて、勝たさないようにするかも知れないので、皆さん、崇徳さんの碑にもお参りしてあげて下さいね。 (@まけ)

前回の『怨霊絵巻』はコチラ>>

関連ブログ記事
GWは「球技の神様」にW杯必勝祈願!(2006.4.28)
今、ジーコジャパンにこの人がいれば…。伝説の“名足”大納言藤原成通卿の超絶技巧テクニックとは!?

『京都の歴史がわかる事典』―雑学・歴史の京都本
平安京遷都以前〜近代まで京都の歴史を時代ごとに解説。

見る 京の町歩き情報は「京都便利帳」でチェ〜ック!
  市バスなど京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>

おトクなクーポン券はホットペッパー♪

[一休.comレストラン]大人のためのレストラン予約サイト


よろしゅ〜に!ポチッとな♪  ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:@まけのコロたま!, 14:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/327682