RSS | ATOM | SEARCH
京都怨霊絵巻 〜御霊神社その2〜
コロたま!Vol.019 因果応報・怨霊神社

前回は“上御霊神社”について触れたけど、“上御霊”というからには当然、“下御霊”もある。ちなみに上御霊は俗称やけど、“下御霊神社”は正式名。北に「御霊神社」があったから南は「下御霊神社」と名付けられたんやろね。

21/4?珮?<Т class=

困惑 ここにも怨霊、下御霊神社 ×××
現在は寺町通りを丸太町からすぐ南へ入った場所にある下御霊神社は、大同2(807) 年、桓武天皇の長男である平城天皇即位に際して、藤原仲成の陰謀で無実の罪を着せられ、川原寺に幽閉され、自殺した桓武天皇の第3皇子、伊豫親王とその母、藤原吉子の霊を慰めるため、承和6(839) 年、出雲路に創建された。
桓武天皇の息子同士が、早良親王同様、兄弟同士で同じことしてるってわけね。これも早良親王の怨念かもなー。

その後、下御霊神社は、前に“京の通り名”でも書いた「豊臣秀吉都市改造」によって、天正18 (1590) 年に現在地に移されたんだそうだ。

もともとは一つの神社だったという上・下御霊神社は、皇室の産土神として同様の「八所御霊」を祀る神社で、それについては色々諸説があるみたいやけど、前回ブログの崇道天皇こと早良親王を筆頭に、皇太子恒貞親王を擁して謀反をはかり、伊豆に流された橘逸勢。これに続いて謀反の罪に問われ同じく伊豆に流された文室宮出麻呂。九州に左遷後反乱を起こして殺された藤原広詞。ここまでの四霊は両神社とも同じ。

上御霊神社では、光仁天皇殺害の容疑で投獄された光仁天皇の后でもあった井上皇后とその子、他戸親王
下御霊神社では前述の伊豫親王とその母、藤原吉子
以上六霊に加えて、後に吉備真備菅原道真の二霊を加えた八霊が「八所御霊」と呼ばれるらしい。 いずれも政争に巻き込まれ非業の死を遂げ、怨みを抱いて憤死した人々が祀られているのだ。

唖然 因果は巡るよ どこまでも♪ ×××
ちなみに伊豫親王を犠牲に陰謀を企てた藤原仲成
暴力は振るうわ、陰険で横暴。とても憎まれていたらしい。
こやつの行く末も怨霊のなせるわざなのかも知れません。
全ブログの早良親王の冤罪にも関わる藤原種継の息子ってだけでも驚きやけども、それだけとちゃうんやで〜。

妹・薬子が平城天皇の寵愛を受けていた為に、権勢を誇っていた仲成やったけど、平城天皇が嵯峨天皇に譲位したことで、失墜を恐れた。譲位して平城京の戻ったものの、嵯峨天皇のやり方がいちいち気にくわない平城上皇は、仲成&薬子兄妹と共に、二所朝廷といわれる対立を起こす。一行は平安京に陰謀を企てるが、嵯峨天皇に先手を打たれて仲成は射殺され、薬子は毒を飲んで自害するのだった。
これが属にいう“薬子の変”である。

うわぁ〜! 因果は巡るってこういうことやねんろーなぁー。
歴史とはこういう風に続いているんやね〜。
なんか、怨霊だけに鳥肌がたちそう…。

ああ…今回、ホンマに勉強しました。頭がウニになりそう…。(@まけ)

前回の『怨霊絵巻』はコチラ>>

下御霊神社へのアクセス
【住 所】京都市中京区寺町通丸太町下ル下御霊前町
【電 話】075-231-3530
【拝 観】境内自由
【交 通】京阪「丸太町駅」下車 徒歩7分
     市バス205系統他「河原町丸太町」下車 徒歩5分

『歴史地図本 知って訪ねる京都』―雑学・歴史の京都本
風水都市・京都の真相を読み解く!

【京都・宇治 伊藤久右衛門】濃厚抹茶スイーツ♪
お茶屋ならでは。挽きたてをタップリ使用。

見る 京の町歩き情報は「京都便利帳」でチェ〜ック!
   市バスなど京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>

おトクなクーポン券はホットペッパー♪

よろしゅ〜に!ポチッとな♪  ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:@まけのコロたま!, 14:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/310543