RSS | ATOM | SEARCH
京都怨霊絵巻 〜御霊神社その1〜
コロたま!Vol.018 ぞぞっ…! 世にも恐ろし御霊神社

お陰様で、いまや全国一有名&人気の観光地と云われる京都
「京都ってホントいいとこですね、羨ましいわ」って他府県の人に言われたら、そりゃあ地元人としては正直、嬉しいもんどす。

綺麗な舞妓さんが石畳をしゃなりしゃなり歩いている姿を垣間見て、由緒正しいお寺や神社を巡り、美味しい和菓子と抹茶をいただいて、豆腐と京野菜の京料理に舌鼓。京みやげに友達に頼まれていた「よーじや」のあぶらとりがみを買って、八ッ橋を持っておうちに帰る。これ、一般的な京都観光やんな。

でもな、その反面、それだけが京都とちゃうねんで。きらびやかで華やかの裏には、おどろおどろしいモノが潜んでる。
歴史の長い京都には多くの怨霊が存在し、それらを鎮める祠もまた数多い。全国一の観光地は、実は全国一の怨霊の地。京都人は怨霊と仲良く(?)暮らしていると言っても過言ではないのだ。

唖然 ようこそ。怨霊、もとい御霊神社へ ×××
前回の『通り名』でも記述した「応仁の乱」の舞台でもあり、平安京の鬼門(東北)に位置する御霊神社
南に下御霊神社がある為、俗称“上御霊神社”とも呼ばれているここは、実は怨霊の神々が祀られているという、おっそろしい神社なんである。

御霊さんの外観

“御霊”という字は怨霊おんりょうとも読めるやろ?

御霊神社には「八所御霊」と呼ばれる八霊が祀られていて、そのうちの一人が、桓武天皇の同母弟で皇太子でもあった崇道(すどう)天皇。
でも歴代の天皇に“崇道”という名の天皇はいーひん。
じゃあなんで、崇道天皇と呼ばれてンのん???

撃沈 怨霊天皇、大暴れ ×××
延暦3(784)年、桓武天皇は長岡へ都を遷した。その翌年、長岡京造宮司であった藤原種継が暗殺され、種継と敵対していた早良親王(さわらのしんのう)が暗殺事件の首謀者と見なされた。
身分を剥奪された上に乙訓寺に幽閉、淡路へ流されることになった親王は、食を断つことで、自らの無実を訴え続けた。そして淡路へ移送する途中、憤死。早良親王の遺体はそのまま淡路へと葬られた。

それから、長岡京は廃都と化していく。
まずは、桓武天皇の妃、母、皇后が次々と他界。さらには桓武天皇の長男、早良親王の後、皇太子となった安殿親王(後の平城天皇)の病気が長びく始末。都は災害や大飢饉、天然痘が大流行。

「早良祟る」。連続する天変地異、天皇の周辺に連続して起こる近親者の死。
桓武天皇は恐れを成して、剥奪した位を復すが、そんなもんが効くわけも無く、怨霊から逃げるように長岡京から平安京に遷都したらしいが、それでも祟りは治まらない。
そして、延暦19(800)年7月。ついに桓武天皇は早良親王に「崇道天皇」の諡号を贈ったのだった。

そう。御霊神社はもともと、早良親王の御霊を鎮め、慰撫するため桓武天皇の勅願で造られた社なんである。

仏教界においては重鎮、広く人望があったと云われた早良親王。
父、光仁天皇に推されて皇太子にしたものの、桓武天皇は自分の息子を皇太子にしたかったんでは? 冤罪にするくらい、彼を畏れていたんかも。実の弟って微妙〜…やもんなぁ…。。。でもまさか死んでから逆襲を受けるとは… たらーっ
まあ、歴史上こういうことはよくある話やねんけどね。
“歴史は繰り返す”って言葉は、単に学習能力がないという意味とちゃうのん?

そんな悲しい云われのある崇道天皇を始め、ここには他にも似たような理由で非業の死を遂げた人達が祀られている。それが前述の「八所御霊」。そしてこれは、下御霊神社とも深く関わるんであるが、それは次回ブログにでも。

それにしても、な〜んか上御霊神社の前通るたんびに、うらぶれたちゅーか、鬱蒼とした神社があるなぁとは思ってたけど、そういう云われがあったとは…。なんとな〜く納得してしまった。 (@まけ)

次回の『怨霊絵巻』はコチラ>>

御霊神社へのアクセス
【住 所】京都市上京区上御霊通烏丸東入ル 上御霊4
【電 話】075-441-2260
【拝 観】6:00〜日没まで。境内自由
【交 通】地下鉄烏丸線「鞍馬口」下車 徒歩4分
     京都バス45系統「烏丸鞍馬口」下車 徒歩4分

『歴史地図本 知って訪ねる京都』―雑学・歴史の京都本
風水都市・京都の真相を読み解く!

【京都・宇治 伊藤久右衛門】濃厚抹茶スイーツ♪
お茶屋ならでは。挽きたてをタップリ使用。

見る 京の町歩き情報は「京都便利帳」でチェ〜ック!
   市バスなど京都の交通機関 でんしゃ は、コチラ>>

おトクなクーポン券はホットペッパー♪
プロのクチコミサイト! JTBスタッフけんさくん
一休.com 高級ホテル・旅館が最大60%OFF!

よろしゅ〜に!ポチッとな♪  ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:@まけのコロたま!, 16:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/294570