RSS | ATOM | SEARCH
一澤帆布のお家騒動05
〜 ご報告 〜
3月25日の土曜日、あまりにいい天気だったので「一澤帆布」さんを見てきました。

4月6日に開店予定の「信三郎帆布」店舗は、東大路通りをはさんで、本当に「一澤帆布工業」本店のほぼ目の前といえそう。

°???-???1?
新店舗は写真左側の黒いビルの1階

「一澤帆布工業」本店より、20mほど上がったところに「信三郎帆布」の工房、「一澤帆布加工所」があります。民家を改装した1階が工房になっています。

職人さんが忙しく働いておられるのを、しばらくジッと見ていました。完成品は知っていても、作業を見たの初めてです。

丸太を利用した台の上で、裁断した帆布を木槌で叩きます。布がほどけないよう、全ての縫い代を内側に折り畳むためだそうです。「ホンマに手作業なんやなぁ〜」と感心しました。

帆布を裁断する人、ミシンで縫製する人…。ん? ミシンを動かしている方は見たことがある。あとでHPで確認したところ、やはり信三郎氏の叔父で“一澤帆布の生き字引”この道73年の大ベテラン、一澤恒三郎氏でした! 御年88歳、お元気です。

°???-2u`?1/2?class=
この赤い自転車は恒三郎氏の愛車だそう

次々とできあがっていく新しいカバンたちは、今までに見たことのないデザイン。手持ちの本に載っているカタログで確認しましたが、やはりそうでした。

本体と持ち手&外ポケットの色が違う、ツートンカラー。外ポケットにはファスナーがついてて、定期や小銭入れなどを入れたら便利そうです。マチも広めで見た目よりたくさん入りそう♪

°???-?????Т class=
私は手前のが好きです♪

ということは、オープンまでに全て新しいデザインのカバンを造るんですね。うわぁ、大変…。

トントンと軽やかに響く音にのって、皆さん黙々と、でも楽しそうに作業をしておられました。晴れ晴れとした表情が非常に印象的でした。私まで何だか、ちょっとうれしくなりました。

今後の展開も気になるところ。新店舗オープンの時にも行けたら、覗きに行きたいと思います。 (@くみ)

「一澤帆布のお家騒動 01」はコチラ>>
 一澤帆布さんに“お家騒動”! ビックリ!
「一澤帆布のお家騒動 02」はコチラ>>
 工房を明け渡し、製造ストップ…
「一澤帆布のお家騒動 03」はコチラ>>
 「京都商法」を、ちょこっと考えてみた。
「一澤帆布のお家騒動 04」はコチラ>>
 信三郎氏、新ブランド開店を発表!

〜 * 〜 * 〜 * 〜

●「一澤帆布スタッフメッセージ」はコチラ >>
●「一澤信三郎さんを応援する会」はコチラ >>

よろしゅ〜に!ポチッとな♪  ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:newsなネタ, 18:16
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/198255