RSS | ATOM | SEARCH
2009年、初詣と大福茶
新年のご挨拶


牛と言えば、やっぱり天神さん! 「北野天満宮」の牛さんです。

明けまして おめでとうございます。
昨年は当ブログを見ていただき、ありがとうございます。
また、コメントなどもいただき、大変励みになりました。


ンモォ〜、何見てんのよォ! と怒られた。

情報のギュウ〜っと詰まったHP&ブログを目指して
牛歩でも ひたむきに ガンバりたいと思います。
今年モォ〜 よろしくお願いモォ〜しあげます!
ヽ( ´ ▽ ` )ノ ヽ( ´ ▽ ` )ノ


初詣はいつもの神社へ…
2009年1月2日、初詣に行って来ました。


直前まで時雨れていましたが、晴れました!

まずは毎年お詣りしている「八坂神社」へ。
昼食を早めにすませて出かけたのですが、京阪「祗園四条」駅から地上に出てみて、ビックリ! 四条通りかなりの人でスイスイとは歩けません。どうやら皆さん、八坂さんへ向かう様子。小雨もパラついていたので、裏道を通りました。

ここ2〜3年、お正月に寺社へ初詣に行く人が増えているんですかね〜? こんなに人が多かったのは子どもの頃以来のように思います。昔はお正月といっても他に行く所もあまりなく、初詣へ向かう人で結構混んでましたからねぇ。


年々お札がもっさりしてるような気が…。

続いて向かったのは「安井金比羅」さん。悪縁を絶ち切り、良縁を結んでくださいます。コチラも混んでましたねぇ。「縁切り縁結び碑」には行列が! 数年前には全く行列なんて出来てなかったのに。一体どうしたんでしょ?




はい、ポーズ♪ ま〜、かぃらしいこと!

安井さんでは“なんちゃってチビ舞妓”さんと遭遇。半ダラの帯に白塗りもちゃんとして。かわいかったですね〜。^^



お詣りした後はお神酒をいただいて。身体がホカホカに温まりました。

「北野天満宮」の“大福梅”
昨年12月13日の「町家ショップらりぃ」途中、「北野天満宮」へ寄り、“あるモノ”を購入しました。



“あるモノ”とは…。“大福梅 (おおぶくうめ)”。ちょうどこの日から売り出されていたのです。


北野さんのものは昆布なし。

この梅は北野天満宮の梅苑で採れた梅を干したもの。お正月に飲む“大福茶 (おおぶくちゃ)”として、お湯やお茶に入れて飲みます。一般的に梅干しと昆布が入っているそうですが、北野天満宮のものは梅だけ。

―― 大福茶の由来は、千年ほど昔、京の都に疫病が流行した時、徳の高いお坊さんが人々を救うために飲ませたものであるとのこと。病はおさまり、時の天皇が元旦にこのお茶を飲まれるようになりました。そのため“皇服茶 (王服茶とも)”と呼ばれるようになったということです。“大福”は縁起の良い当て字のようですね。


何回も飲めました。

祖父母が飲んでいるのを見たことがあります。が、梅干しが苦手な@くみ、2009年の初チャレンジですっ! 梅はカチンコチン。結構大きさにバラつきがありますね。お茶でもよいらしいですが、お湯を注いで…。しばし待つ。


お箸でつっついてたら柔らかくなってきた。

なかなか柔らかくならないので、お箸でツンツン。そのうち@くみ母が「から〜!」と言い出しました (←梅好きなので特大を入れてあげた)。@くみは一番小さいのにしたので、塩辛さは感じません。

お味はと言うと、梅の爽やかな酸味で口の中がサッパリスッキリします。胃腸にもよさそう。年末年始は食べ過ぎやすいし、そんな時にもピッタリ。いいですねぇ〜、コレ。@くみ妹は梅を崩してお茶漬けにしてました。それもアリかと思います。

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

“大福茶”って京都だけなんでしょうかねぇ? 六波羅蜜寺ではお正月三が日、皇服茶の振る舞いがあります。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

今年もよろしくお願いします。(@くみ)

過去記事リンク集
初詣2008 〜安井金比羅宮 (08.1.8)
縁切り&縁結びで有名な「安井金比羅宮」の由来と、ちょっと珍しいお守り。

初詣とおみくじのアレコレ (07.1.9)
半吉に末吉…。おみくじの順位ってわかる?

京都「金剛能楽堂」〜能楽師と学ぶ舞台体験
1月31日限定! 特別な空間を体感、能の世界へ接近する。

 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪


京都御所ゆかりの至宝 ―甦る宮廷文化の美―

京都と天皇の遺宝。室町後期から江戸中期を中心に。

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 バス は、→
  京都の社寺名跡は、→

秋の京都へ、おこしやす!“みうみう”のwebサイト「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!

おうち「おいでやす京都どっとこむ」は →

今年もガンバりますえ〜。そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:町をぽてぽて, 17:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/1140622