RSS | ATOM | SEARCH
秋風たちの集い。 〜「旬風庵」おフランち
 
―― 雨。

つい3日前の天気予報では確かに“晴れ おてんき ”だったハズ…。なのに、天気予報って全くアテにならへん。。。やれ雨だ、晴れだと天候に左右されては一喜一憂してしまうのは、この地球上で人間くらいなもんだよ。やれやれ…。

…なーんて悟りきったよーなことを思っていたのだ、この時までは。のちに“衝撃の事実”を、明かされるとも知らずに…。

「旬風庵」にて“善藝の集い”
ブログでもたびたびお世話になっている「見返り美人」のいけこ師匠がせっかく計画して、お誘いしてくれた京都御所でのお茶会、通称“善藝の集い”が、なーんと哀しいことに、生憎の雨で中止になってしまった。

急遽、場所を変えておさえてくれた新しい会合の場所は、なんと町家フランス料理。さすがはいけこ師匠。雨が降っても、ただで傘さしままセンというスタンス(?)に大いなる拍手。

ってことで、朝から上賀茂神社の「手づくり市」へと出掛けていたワタシらは、そのまま街中へと直行したはいいものの、滅多にない“おフランち”に、はりきり過ぎて「旬風庵」に早く着いてしまいましただよ。


「旬風庵」隣り、ろぉじの奧は限定数名・個室のみの2号店。
フレンチレストラン「アッシュ・スプランディード」。

懐かしい顔ぶれに…。
今回の“善藝の集い”の面々は4名のステキな乙女たちと、2名のお笑いお馬鹿コンビ…もとい! 熟女の計6人である。

一番最初に着いてしまったので、厚かましくも上座を陣取っていると、1人の美女が襖の向こうから爽やかな笑顔で登場。

…こんな別嬪の知り合いはいねーぞ…。。。

一瞬、誰かと思いきや、今回の功労者であるいけこ師匠サマぢゃないですかぁ。。。

前回は夏のお着物で身を包んだ“しっとり”和風美人が、今回はカジュアルな洋服で“はつらつ”笑顔美人へと姿を変えている。印象は違えど、美人は何を着ても似合うということが判明。

ほどなく、三人の乙女たちが同時に登場。
薄〜い紫ピンクの洋服がちょー似合う永遠の乙女、“ミスかぼす姫”mi-tunさん。
和みあるナチュラルキュートな笑顔がとっても魅力的なはなっちさん。

お三方とお会いするのは夏、hayateさんがご上洛の際に集まって以来である。一度しかお会いしてないのに、何回も会ってる友人のような気安さで挨拶を交わす。

そして。ようやくお逢いすることが叶いました。これで“シスターズ初期メンバー”は全員にお逢いしたことに。“みうみう”にとってはレアカード的存在。お名前はもちろん、実はブログもこっそり見てました(笑)。名古屋からはるばる上洛されたrina-ohaさん。「はじめまして」と挨拶をかわす。

お近づきの印に、午前中“上賀茂手づくり市”で見つけた「ウォーリーを探せ!」のパロディ版「はんとなりを探せ!」をお渡しする。

余談ですが上記のまめ本は、“はん”と“なり”という姉妹キャラが色々な絵柄に紛れているので、それを見つけるというゲーム感覚の“豆本”で、頁をめくるごとに、難易度が上がっていくというシロモノです。rina-ohaさん、全部見つけられたかな〜?

これはイラストレーター「しらさぎゆき」さんの作品によるもの。日本のアスリートや政治家の似顔絵“ニッポンのかお!”を描いておられ、某雑誌に何度も入選してらっしゃいます。
北京オリンピックの記念品として本人直々にお渡ししたこともあるらしく、結構この世界では幅広く活躍してらっしゃるらしい。

すごく似てたので、誰を描いているのか@くみ姐と誰か“あってこごっこ”に興じてしまいました。

「しらさぎゆき」さんの詳しい情報はコチラ → 


“和風”であっても“和食”ではない。
“フレンチ”を愉しむために、町家の特製を生かす。

がら〜んとした寂しかった部屋が、ほわ〜んと嬉しい桃色吐息へ。。。やっぱり若くて可愛い女の子はイイっ(リキ)!

町家フレンチ「旬風庵」
ここ「旬風庵」は、いけこさんの行きつけの店らしく、すでに予約客でいっぱいだったところに何とか席を設けて下さったのだとか。いけこさんの人脈の広さと深さに感心してしまう。

あんまりアホな話やバカ笑いをして、いけこさんの顔に泥を塗るようなことだけは、しないようにしなくっちゃっ。
それにしても。行きつけの店…憧れの響きである(ワタシの行きつけの店は近所の喫茶店か、お好み焼き屋かラーメン屋くらい) たらーっ

お昼という時間から少し過ぎていたので、いい塩梅にお腹もペコペコ。もうこれ以上は待てません。お待ちかねの料理紹介です。

まずはアミューズ“はじまりの一皿”は、“赤ピーマンのムースコンソメジュレ添え”。まろやかな赤ピーマンのムースが舌にとろける。


一口サイズなんで、すぐになくなってしまう…。
なんて切ないんだ。…うるる〜ん。。。

続いて“前菜盛り合わせ”


左から
 ホタテとナスのマリネ
 ヤリイカの炙りソウメンウリ添え
 スモークサーモン ハヤトウリ添え にんじんのドレッシング
 ローストビーフ
 お魚のテリーヌ


和風、中華風、イタリアン…とそれぞれ印象を変えて、味つけの演出をされています。全体的に上品で、1つ1つ丁寧に料理されているって感じです。非常に手が込んでます。


それぞれ味わいが違う料理が一品ずつ入っている。
エンドウ豆のお皿が面白いっ。

四番目にローストビーフ食べたとき、自分が非常にお腹が空いていることに気が付いたというか…。


ほんのり甘い“さつまいものポタージュスープ”。

えー。ご存知の方も多いでしょうが、今回6人のメンバーの中に超酒豪が2人もいらっしゃるんです。はなっちさんとワタシは下戸。mi-tunさんと@くみ姐は嗜む程度なので飲み物は「水」でした。が。

@まけ:ハーフボトルを1つ頼んで、2人で好きなだけ呑んだら?

という、ワタシの的確でありがた〜い、しかも年長者の助言完璧無視してですね(笑)、最初にグラスワイン(白)を頼んだ、いけこさんとrina-ohaさん。

案の定というか、やっぱり足りないようで、残り少な〜いワインをチビチビともったいぶって呑んでいる、お2人さん。で、結局もう一杯グラスワイン(赤)を頼んでるし。

お酒の話って飲めても飲めなくてもそれなりに盛り上がるもので、「ビールの味がさっぱりわからん」「ビールは喉越しっていうけど、炭酸がひっかかって飲めない」という下戸チームに対し、「ビールは炭酸じゃない ビールと言い張る“最強ウワバミコンビ”

 いけこさん:でもコーラーとか、炭酸ジュースは呑めないんです。
       コークハイとかも、ダメなんですよ〜(^^)。


そ、そういうもんなん???
なーんかイマイチ納得いかへんのですけどぉ〜?

そんないけこ師匠に疑いの目をむけるワタシの視線を紛らわすかのように、お待ちかねのメインディッシュが運ばれる。
メイン三種類の中から好きなものを選べるということで、mi-tunさんは“金沢港直送のお魚料理”「スキ」という魚だそうですが…初めて知りました。

いけこさん、rina-ohaさん、はなっちさんは“本日のお肉”。フランス料理ではお馴染みの“ホロホロ鳥”をつかった料理です。

ホロホロ鳥は、もともと臭みがなく淡白な味わい。調理次第では、脂身がなくなって固くなってしまったりするので、当たりはずれが多いという過去の経験から今回はあえて選ばず、少しだけ、いけこさんにお裾分けしてもらいました。脂身がジューシーで、お肉もとっても柔らか〜い。ワタシの中で、「ホロホロ鳥=固くなりがち」という図式が見事に崩れ去る。

ワタシら“みうみう”がオーダーしたのは、“和牛のステーキ”。赤身なので脂身はない。あっさりとしたお味ですが、肉本来の旨味が凝縮されています。


左:手前が和牛、奧がホロホロ鳥。
右:唯一の魚料理は、スキのクリーム仕立て。

うーん。。。
これは、ごはんが食べたいなぁ…。などと思っていたら。

ごはん登場 食事

もともと最初にパンが出ていたので、まさかここでタイムリーに、ごはんが登場するとは思いもしなかった。ますます、食が進む2人。他の4人を置き去りにして食べるのが早いっ! この辺がダイエットできない原因か。。。

デザートは豪華に三種盛り。
ちょっと珍しい、クリームグリーンが鮮やかな“アボガドプリン”。見事にクリクリした味の“栗のロールケーキ”。そして、“ブドウのソルベ”

@くみ姐の話によると、アボガドは皮をむくと変色しやすいらしく、料理やお菓子を作る際には、作り置きが出来ないらしいとか…。


味といい、料理全体のバランスも良かったので、思わず「美味しいですねっ」と言ったら、いけこさんが見るからにほっとした笑顔で「よかった〜」と言ってくれました。その笑顔を見て、ワタシもほっと致しました。やっぱり美人が笑うと何よりも美味しいわ。

明かされる衝撃の事実!?
ここで、冒頭でも書いていた“衝撃の事実”が発覚。

なーんと、この中に。雨女 あめ が2人もいるのですっ!
それは、いけこさんとmi-tunさん。。。

何かイベントを興じる毎に、ほぼ高率で雨に見舞われるんだとか。特にmi-tunさんは『嵐を呼ぶ乙女』らしく、どこかへ行くたびにわざわざ台風を起こしてくれるらしい 強風

なんちゅー素晴らしくも、はた迷惑な能力なんだ〜!それでこの雨なのかーと妙に納得する“みうみう”。

これはきっと龍神サマのような「水」に関係する神様を連れ回しているのだと考え、2人のこの力をもてあますのは非常にもったいない。巫女になり、修行を積んでコントロール出来るようになれば、世のため人のためになるかも知れないよ、と唆すワタシだったが。

はっ!そーいば…確か“ウワバミ”って!?

※龍(竜)神:啼き声によって雷雲や嵐を呼び、竜巻となって
       天空に昇り自在に飛翔すると言われる。

※蟒蛇(ウワバミ):大蛇、伝説上の生物・オロチの意。
          日本神話のヤマタノオロチは龍の一種。
          または酒豪、大酒呑みを指す俗語。
(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』抜粋)

更に龍は千年ごとに成長するのだそうだ。
 蟠=ばん。最下位の龍で、天にも昇れない。
 ↓
 蛟=みずち。鮫龍・水霊とも書く。大蛇のこと。
 ↓
 虹=にじ。古代、虹は龍の一種で恐ろしいものと考えられた。
   虹が虫へんはなのは、その為。
 ↓
 蜃=しん。蜃龍は気を吐いて蜃気楼を見せる龍。
 ↓
 龍=最高位ですべての特性を持つ。

上記から推測するに、嵐を呼ぶmi-tunさんは間違いなく「龍」の神格を持っているハズ。そして、そこまでの威力はなくとも、大酒呑み(ここ重要)で雨を降らすいけこさんは、「ウワバミ=オロチ」!?
そーか、そーだったのかぁ…。

頑張れ! いけこさん!「龍」になるまであと三千年だっ(笑)!

「旬風庵」へのアクセス
【住所】下京区新町通高辻上ル岩戸山町432
    大阪材木町687 第2パールハイツ1F
【電話】075-353-6008
【日時】11:30〜15:00(L.O 14:00)、
    17:30〜22:00(L.O 21:00)/水・月一回不定休
【HP】http://www16.ocn.ne.jp/~shunpuu/
【交通】地下鉄烏丸線「四条」、阪急京都線「烏丸」駅 徒歩7分

現在、毎年恒例の『京都・町家ショップらりぃ2008・風散歩』を開催中で、ここ「旬風庵」も参加してます。まずは最初の1コめのスタンプをゲットできました!


この後、2次会へと突入するも、またもや“カフェ難民”になりかける。相変わらず、いきあたりばったりの連中が、導かれたように辿りついた新たな場所とは!?

更に急遽『長女の会』発足!?
遅ればせながらtekiねーさまご登場! ねーさま趣向のお陰で異様な盛り上がりを展開!
次回、@くみ姐の傑作記事(プレッシャー返し。。。)をお楽しみにっ☆

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

皆さんは、お酒での失敗ってあります?

ワタシは酔っぱらって笑い上戸になるか、気持ち悪くなるか。記憶はあるけどワイングラスが“バーバパパ”に見えて、おかしくってしょーがなくなり、@くみ姐を悩ませたことが。。。それだけならまだカワイイもんだが、時に命の危険にさらされることも。

一度、食前の梅酒が抜けきれなくて、ヨッチャンビルの地下階段をド派手に転げ落ちてねぇ…。見事にスローモーションでしたよー。落ちてる最中はね…。

お酒で感覚が鈍ってるので、その時は痛くないんだけど、次の日、身体のアチコチが痛い。特に右頬あたりがズキズキ…。。。以来、空きっ腹にお酒を呑むことだけは絶対にしまいと固く誓っている。

今でもヨッチャンビルの前を通るとその時の事が克明に思い出されて、ある唄のフレーズが頭の中をよぎるんだぁ…。

まっさかさ〜ま〜にぃ〜 おちてデザイア〜♪
げら♪ げら♪ げら♪ げら………――。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

いけこさんは身体のどこかに“草薙の剣”を隠し持っているのかも知れない…。 (@まけ)

吉例顔見世興行〈前半〉 先行抽選販売受付中!
今年の顔見世も豪華出演陣!
坂田藤十郎、中村吉右衛門、片岡仁左衛門、坂東玉三郎

関連ブログ記事
男女9人、熱き夜。 〜夏のオフ会 (08.7.14)
hayateさんご上洛を機に集まった、京都ブロガーたちの夏。

 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

京都・奈良・滋賀 秋の三都紅葉紀行 4日間
1日1組様限定!!日本の紅葉百選を巡る。
各県、趣の違う有名お宿&昼食にこだわった超豪華プラン。

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 バス は、→
  京都の社寺名跡は、→

秋の京都へ、おこしやす!“みうみう”のwebサイト「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!

おうち「おいでやす京都どっとこむ」は →

いけこさん。オチに使ってごめんね。そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:ウマウマ京ごはん, 19:26
comments(12), trackbacks(0), pookmark
Comment
こんばんは。
楽しそうなランチだったんですね。
今回は昼間っからアルコールが入ったようで・・・
・・・命の危険はありませんでしたか?
私は昨日、久しぶりに飲み会があって、ここ最近の
寝不足がたたったのか、帰りのバスで寝込んでしまい
終点を通り越して、回送バスになっても気づかず^^;
運転手さん、起こして〜な!
一休, 2008/11/09 1:12 AM
すごいっすね、@まけさんのストーリー展開。じっくり
最後までよんじゃいましたよ、「衝撃の・・・」って
何って。そうでしたか・・・
僕もたしなむ程度なので、飲みすぎるとねちゃいますね。
京都でも飲みすぎたときに、歩きながらウトウトして、
知らないおっちゃんに「あぶないやろきーつけや!」
と怒られたことがあります。

それにしても、着物じゃないいけこさんって、どんな
感じなんだろう??ゴージャスな雰囲気の気がします。

hayate, 2008/11/09 1:27 PM
もう1回こんばんわぁ!!
確かにこの日はめっちゃ冷たい雨でしたよね。。

にしても着物ではないいけこさんが非常に気になります。
どんなだろ?
どんなかな?
まめ, 2008/11/09 6:11 PM
風の会の事務局長です。

今年もらりぃまわってくれはるんですねっ!!
ありがとうございます。

実は、
旬風庵さんはうちのお気に入りのお店です。
いろいろ贅沢な気分になれますよね〜

次回はぜひ、二号店「H.Splendide−アッシュ・スプランディード」もおためしくださいね♪
うみうま, 2008/11/09 8:23 PM
おふたりさんおはようございます。
先日のランチは「旬風庵も」ターゲットに入っていたのですが、和食を食べたいと申すものが若干一名ほどいまして、先送りとなってしまいました。
ウォーリーを探せは、あまりしなかったけれど、その前に出ていた「旅の絵本」はちょっとはまりました。赤い風船が旅をしていくのですけれど、絵の中に童話のキャラが隠れているのです。
ジビエの季節。フランス料理は楽しみが増えます。そうすると当然ワインも・・・・フルボトル1本は必要だな(笑)
土日は雨と寒さにおうちでお菓子を作っていました。
きさとぱぱ, 2008/11/10 8:32 AM
おはようございます、一休さん。

あらら。。。
偶然というか、何というか。

実は一休さんのコメントを出先で携帯で読んだのですが、そのほんの数時間前に、終点の出町柳駅に着いたのに、起きることなくずっと寝てらした方がいて。

点検しているはずの車掌さんや掃除の方が、その方に気づかずに素通りして行くんですよ。起こさなくていいのかな…と思っていたら、もう一回、車掌さんが戻ってきたんですが、やっぱり気づかない。慌てて外の窓からドンドンって叩いてあげたらやっと車掌さんが気づいて、その方を起こさはって。

シートが自動で反対側に倒れる時に、怪我でもされたらどう責任とるんだろーって思ってました。まだ若い男性だったからびっくりされるだけかも知れないけど、お年の召した方とか、子どもだったらちょっと怖いですよね…。

こういうのって何度も問題になっているはずなのに、それでも気づかないもんなんですね。
@まけ, 2008/11/10 9:23 AM
おはようございます、hayateさん。

みなさん、やはり『美人』は気になるようですねー。

皆が気になるいけこさんの素顔は…。実はワタシはある別件で彼女の本当の姿を知っている…フフフ。
その詳細は次の機会にでも(笑)。

ゴージャスですか?うーん、ある意味性格はそうかな(笑)?色んな顔を持ってらっしゃいますね。

私服姿の彼女は、さっぱりしていて、気だてがよく、お育ちのいいお嬢さんですよ。明るくて、元気で。そんでもって、すごく性格がねカワイイんですよ〜。…ちょっと天然はいってるかな〜。
@まけ, 2008/11/10 9:36 AM
おはようございます、まめさん。

今回、まめさんに逢えなくて非常に残念でした〜。次回はぜひご一緒して下さいね。いけこさんの私服姿が見られますよ。

この間もいけこさんと一緒に「まめさんってホンマにカワイイですよねぇ〜!」って話してました。そんないけこさんもワタシから見ればカワイイんですけどね〜。

やっぱり女の子は可愛いほうがいいなぁ…。。。じゅる。
@まけ, 2008/11/10 9:50 AM
ご無沙汰しております、うみうま様。

旬風庵がスタンプラリーに参加されていることは、なんとなく覚えてはいたのですが、まさかこんな形で一個目をゲットするとは思ってもみませんでした。

ここなら、92歳になる私の祖母も満足するんじゃないかなーっと思って。いいお店と出会えてすごく嬉しいです。

あと4個、今度はどこへ行こうかなー(最後は決まってるんですが)。
@まけ, 2008/11/10 9:54 AM
おはようございます、きさとぱぱさん。

旬風庵は確かにフレンチですが、和食に近い味付けですから、和食が好きな人には入りやすいと思いますよ。ぜひぜひ今度行ってみて下さい(って私が言うのもなんなんですが…)。

きさとぱぱさんも、イケる口ですか(笑)?いいなぁ、ワインが飲めたらきっと料理も二倍美味しいんだろーなー。ワタシは損をしている。。。

「赤い風船」はなんとなく知ってます。あと、従妹の子がもっていた本で、色々な文房具とか、虫とか、人形とかいる中で、鉛筆を9つ探す…とか、テントウ虫を探す…とかいう本…には年甲斐もなく、はまりました。何冊かあるんですが…なんというタイトルなんだったかな〜???
@まけ, 2008/11/10 10:08 AM
こんにちは、@くみ様、@まけ様

“ウワバミ”いけこです(笑)。
龍に成るのに、修行が必要ですね〜。
あれ?でも、龍になったら、雨女もっと酷くなります?
旬風庵、ご紹介出来て、本当に良かったです。
もう、ドキドキでした。
お向かいの@まけ様の笑顔で、私、幸せでございました。
それより、↑の皆様!!、私、この前はおおーきなにゃんこを被っておりましたので・・・。
お目にかかるのが、怖いですわよ・・・。


追伸:@まけ様、昨日は有難うございました。本当にとってもとっても楽しかったです。お母様にもどうぞおよろしく。また、是非ご一緒させて下さいませ。
いけこ, 2008/11/10 1:32 PM
こんにちは、いけこさん。

こちらこそ、ありがとうございました。昨日はホンマに超楽しかったです。まさか、あんなに色々と盛り上がるとは思わず…。年甲斐もなくはしゃいじゃって。。。

いや〜。でも。。。
昨日のいけこさんは、被ってらした猫がとれて、ワンコになってましたよ?楽しそうなしっぽが見え隠れしてましたもん。うんうん。可愛い、可愛い。癒されました。

また、遊びましょうね〜。
今度は例の“限定カラオケ”にでも行きましょう。
@まけ, 2008/11/10 2:36 PM









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/1092199