RSS | ATOM | SEARCH
妙蓮寺の御会式万灯会2008
10月12日、日曜日。
3連休の中日に毎年恒例となっている「妙蓮寺」「御会式万灯会」に、今年も行って来ました。

妙蓮寺・万灯会_祝万灯会

万灯会の由来は日蓮宗の宗祖日蓮聖人が入滅された10月13日に、遺徳を偲んで灯明などを供えたことなのだそうです。

妙蓮寺・万灯会_本堂正面西

全国の作家さんから送られた様々な絵灯籠が本堂の左右の回廊を彩ります。夕闇の中、色鮮やかな灯籠が辺りをぽぅと照らします。この幻想的な風景が好きで見に来ています。

妙蓮寺・万灯会_本堂東

ほんとうに色んなのがありますね〜。「御会式万灯会」は10月12日の一晩限り。ちょっともったいないような気もします。

万灯会ぎゃらりい
ここでは気に入った灯籠をいくつかご紹介します。

妙蓮寺・万灯会_牡丹

これは牡丹。力強い黒い輪郭が切り絵っぽい。

妙蓮寺・万灯会_へりくつ

こういう“困ったちゃん”は時々いてるな〜。

妙蓮寺・万灯会_草花

野に咲く草花。こういうのもキレイ。余白部分にもほんのりと色が付いています。

妙蓮寺・万灯会_風景

@まけ的ベストワン。写真と見まごう精密さ。足を止めて見ている人が多かった作品です。

妙蓮寺・万灯会_花と果物

花、果物に風景。鮮やかな色が映えます。

妙蓮寺・万灯会_小鳥と橋立

ザクロに小鳥 (左) と、秋の夕焼けの天橋立かな? 秋っぽい組み合わせ。

妙蓮寺・万灯会_蓮と山

蓮の花、山、お寺。日本画 (水墨画) は、線の強弱や墨の濃淡だけで描き分けるのがスゴい!と感心する。

妙蓮寺・万灯会_藤袴

少し前に記事にしたフジバカマ。写真では少し暗いけど、実際はほんのり薄桃色のあったかい雰囲気でした。

妙蓮寺・万灯会_カニ
工具をうまく使って。グラデがキレイ!

3年連続で見ていると「あ、アレ、あの人や」と思う作品もチラホラ。コレもその一つ。この方は毎年“スベスベマンジュウガニ”がモチーフになっている。@くみ、どうもこの“スベスベマンジュウガニ”が気になって仕方ないです。

妙蓮寺・万灯会_ステージ02

本堂では、毎年ミニコンサートが開催されます。

妙蓮寺・万灯会_ステージ01

07年は篠笛、06年は北インド音楽でした。今年はフォークソング。ちょい懐かしめ。

「妙蓮寺」へのアクセス
【住所】上京区払寺之内通大宮東入ル 妙蓮寺前町875
【電話】075-451-3527
【交通】市バス9、12系統「堀川寺ノ内」下車、徒歩3分
※毎月12日にはフリーマーケット、やってます。
 また、お寺の名を冠したツバキや、秋から咲き始める
 珍しいサクラ“御会式桜”も有名です。

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

妙蓮寺・万灯会_月ポチ
中央右にポチッと見える白い点が満月です。

この日はちょうど「後の月」。空には満月が輝いていました。お月見も一緒にできて良かったです。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

“スベスベマンジュウガニ”って奄美大島とか南の海にいるカニで、毒があるらしい。なにゆえに“まんぢう”に“スベスベ”という表現を使うのか? ネーミングセンスがなんとも不思議っす。(@くみ)

関連ブログ記事
妙蓮寺の御会式万灯会07 (07.10.22)
2007年の様子。

突撃、ミョウレンジャー! ルポ02 (07.11.14)
西陣の平和を守る正義の味方「ミョウレンジャー」。
2007年の万灯会が初出動でした。ミョウレンジャー・ウォッチャー、@まけのアツ〜イ (?) レポ。08年はお逢いできませんでした、残念。

妙蓮寺の御会式万灯会 (06.10.18)
2006年の様子。

古布のスケジュール手帳 2009年版

ルックスはもちろん、機能性も譲れない。

 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

紅葉に染まる「貴船もみじ灯篭2008」を訪ねる
叡電で“もみじのトンネル”を通り抜け、湯豆腐に舌鼓。

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 バス は、→
  京都の社寺名跡は、→

秋の京都へ、おこしやす!“みうみう”のwebサイト「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!

おうち「おいでやす京都どっとこむ」は →

300本目の記事です。バンザ〜イ! そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:町をぽてぽて, 10:35
comments(6), trackbacks(0), pookmark
Comment
裏から光を通すとどうして幻想的な感じになるのでしょう?
ステンドグラスもこの類に入るのでしょうか。
夜のお出かけは、お酒のないのが苦手なので(笑)どうしてもお昼の記事にかたよってしまいます。
若い時は、行事を理由に夜に出かけたものですけれど・・・
いろんな催しの記事楽しみにしています。
きさとぱぱ, 2008/10/31 12:30 PM
きさとぱぱさん、こんにちは!

人工的な照明よりも、
キャンドルとか灯籠の方が
好きなんですよ。

でも。じっと見てると
だんだん眠〜くなってきます。
@くみ, 2008/10/31 3:45 PM
今年はミョウレンジャーいなかったのか。。
そっちのほうが気になるまめです(笑)

うう。。毎年忘れるなぁ。。
来年は行く!!
とか言っておきながらさっ
物忘れはげしすぎます。。あたし。

やっぱりきれいだなぁ〜
ほわっとしてて。
キャンドルの灯りってどうしてこんなにやわらかいんだろって思います(ノ゜O゜)ノ
まめ, 2008/10/31 11:36 PM
まめさん、こんばんは〜!

そうなんですよ、今年は残念ながら
ミョウレンジャーに逢えませんでした。

手帳にメモっておかないと、
ついつい忘れてしまいますよね。
私も今日は護王神社の亥子祭に
行こうと思っていたのに、
すっかり忘れてました。。。

来年はぜひ!
「ドラート」さんの紋屋町ろぉじも
ライトアップされてるんですよ。
(過去記事に書いてます)

キャンドルや灯籠の灯りって
1/fのゆらぎなんでしょうかね〜?
じ〜っと見ているうちに
無心になっていることがあります。
@くみ, 2008/11/01 8:59 PM
きのう、「ドラート」さん行ってきました。夕方4時ごろに着いたのですけれど、明かりはついていました。子供がとなりの焼物やさんの大きなかめの中を覗き込んで、お金がある!と叫んでいました(笑)
3周年記念オリジナル蜂蜜「ドラード1」売っていましたよ。(ショップらりぃカードには非売品となっている)
もちろん、買いましたけれど・・・「くろがねもち」の蜜が薫り高くお気に入りになってしまいました。あとね、りんごとさくらと・・・いくつこうてんねん!笑
続きは記事にて!
きさとぱぱ, 2008/11/03 12:11 PM
きさとぱぱさん、こんばんは!

3連休は京都巡りをされていたんですね。
昨日はお天気良くて温かかったので
絶好のお散歩日和だったのでは?

>かめの中にお金!
わはは、きさとくん、めざといですねぇ。
そうなんや、私も一度覗いてみます。

>くろがねもち。。。
どんな木なのでしょう?
拝見しにまいります^^。
@くみ, 2008/11/03 8:39 PM









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/1077496