RSS | ATOM | SEARCH
東寺へ行く〜かい? ナイスなお庭 編
皆様、お久しぶりでございます。
8月の記事1本キリ書いてから、全くブログは@くみ姐にまかっせきりで、気がついてみたらもう秋…。

「いちもく」の帰り、みうみうコンビはこれからどこへ行こうか迷っていました。話し合いの結果、
「ここまで来ることもあまりないし、せっかくやから東寺へ行こうか」ということになり、一路、東寺へと向かいました!

魅惑の密教寺「東寺」
「東寺」は正式名を「教王護国寺」といい、真言宗の総本山ですっ。



平安遷都の後、桓武天皇が京都鎮護のために建てられた代物。後に『弘法も筆のあやまり』という諺でも有名な弘法大師・空海が、嵯峨天皇に勅賜され、ここを真言密教の根本道場にしたことにより今に至る。

京の都にあって「密教そのものが、完全無欠なる仏教の大系だ」との考えを世に示すために構築させたのがここ、東寺。

空海様のお寺と言えば、霊気漂うステキな霊山・高野山にある“金剛峰寺”を思い出すワタシだが、ここはそんな高野山をも匹敵するほどの、密教ワールドの賜物。空海思想のエッセンスがいっぱい詰まっている、『魅惑の密教寺』である。

観智院の枯山水庭園
東寺の塔頭寺院・「観智院」は、毎年、春と秋に特別公開されている通常は非公開のお寺で、総本山・別格とされるくらい、東寺の塔頭としては位が高い。

もとは東寺一山の勧学院とされ、後宇多天皇の発願により建立。桃山時代の書院造りで、当時の住宅建築として貴重なお寺なのだ。


東寺の塔頭の中でも格式高い「観智院」

本尊の五大虚空蔵菩薩は、晩唐期のもので重要文化財!
客殿は豊臣秀吉の北政所が寄進したもので国宝!
所蔵する密教聖教の量と質では我が国最高といわれ、見た目はとっても地味そうだけど(失礼)、実は凄い実力を持ったお寺である。

ちなみに、宮本武蔵が一乗寺下り松での闘いの後、長い間、ここへ身を隠していたのではないかとも云われているらしく、床の間の障壁に描かれた「鷲の図」と、襖絵の「竹林の図」は、ともに宮本武蔵筆と伝えられている。

奇跡を呼ぶ男。
何かことある事には、三鈷杵や独鈷杵を天に向かって投げるだけで、あちこちにすさまじい奇跡を起こし続けた男・空海。

あの高野山ですら、空海が唐から日本に向かって三鈷杵を投げ、落ちた地だということで密教修業の場として選ばれたというのだから。結構いい加減な人だったのだろうかとも思うが、とにかく凄過ぎる人だということだけは、わかる。

そんな不思議な逸話が、観智院にもある形となっている。客殿前には「五大の庭」といい、空海が唐から船で帰国する時の様を表現している、枯山水の庭園がある。


「五大の庭」。奧の築山が唐の“長安”。

前説として書くと、正統な中国密教を受け継ぐ唯一の僧、恵果阿闍梨の元で修業をするため、長安に渡った空海。本来なら20年は修業しなければならないところを、わずか三年たらずで密教の全てを受法してしまう。

余談ですが、恵果阿闍梨はインド伝来の8種の仏具の全てを、なんと!彼に譲ったんである。かくて密教の正統はインドでも中国でもなく日本に渡り、空海1人に受け継がれたということに。その後、中国密教は廃れていったというわけだから、恵果阿闍梨は何を空海に託したのか。なんだか計り知れないものがあるなぁ…。


反対側から。奧の築山が“日本”。
真ん中の小さな波紋は空海が投げた独鈷杵。

彼は密教の全てをその身に宿し、おびただしい数の法具やら経典やらを持って日本に還るが、途中で海上難に遭う。空海は荒れ狂う海へ、法具である独鈷杵を投げ入れると、たちまち嵐は収まり、海は凪いでいった。


「五大の庭」の配置。上段左から「日本」「神亀」「中国」、
中段左から「摩竭魚(鯱)」「独鈷杵」「渡海船」、
下段左から「水鳥」「龍神」とある。

すると、亀、竜神、摩竭魚(鯱)、水鳥という守護の海神が現れ、護ってくれたお陰で、空海の船は無事、日本へ帰還されたという。

真言「キャカラバア」を唱え…。
左の築山(日本)に立つ五個の石は、五大虚空菩薩像を表したもの。「五大」とは「地水火風空」の意で、日本の築山の石にその梵字が記されている。サンスクリット語での音(オン)は「キャ・カ・ラ・バ・ア」。五輪法界のことである。


五個の石には、梵字が1字ずつ刻まれている。

それぞれの梵字の意味は以下の通り(抜粋)。
 キャ 空・団・黄・中央・土・土用・脾臓・口・大日如来
 カ  風・半月・黒・北・水・冬・腎臓・耳・釈迦如来
 ラ  火・三角・赤・南・火・夏・心臓・舌・宝勝如来
 バ  水・円・白・西・金・秋・肺臓・鼻・阿弥陀如来
 ア  地・方・青・東・木・春・肝臓・眼・薬師如来


ただ、上記のように「地水火風空」と書けば、正しい読み方としては「ア・バ・ラ・カ・キャ」のハズなんやけどね?

よーするに「空風火水地」で「キャ・カ・ラ・バ・ア」。
ん〜っ? まあ、音にしやすい読み方をしているだけで、意味さえわかってれば、どっちでもいいってことかな???

@まけ:アキャラバカ? カキャラバア? ベロベロバア?
    なんだらばぁ? ?(・_。)?
@くみ:…なんでもいー… (- -)

向かって右手が長安、左手が日本。そして真ん中には、唐から日本に還る空海が乗っている船を表している。

お庭の正面どぉれ〜?
その「五大の庭」から少し離れた中庭にも、小さな枯山水の庭がある。それが「四方正面の庭」。名前の由来はどこから観ても正面に見えるからだとか。桃山時代に作庭されたので、こちらの方が「五大の庭」よりずっと古い(五大の庭は昭和作)。


 
どこから見ても正面?の「四方正面の庭」。
白い砂利が“川”で、黒い砂利が“海”を表す。


上を見上げりゃ、屋根には“宝珠”と“鬼瓦”。

どちらの庭もとても綺麗でした。お天気が良かったので、お茶を啜りながら縁側に座ってぼーっとしていたい…。枯山水とは本来そういうものぞ(笑)。

おまけ。蓮池の“どんガメ”クン
「観智院」のお隣りは「洛南高校」。クラブ活動なのか、吹奏楽部の楽器の音が…。この雰囲気、なつかし〜。洛南高校の吹奏楽部と言えば、ワタシの時代では吹奏楽コンクールの全国大会の常連さん(ワタシは元吹奏楽部)。今でもやっぱり常連なのだろうか…?

そんな懐かしい楽器の音を聞きながら、洛南と観智院の近くにある「蓮池」という小さな池を眺めていると…。


中に超どんくさい亀が1匹いました。
なかなか岩場に上れずにいるみたいで…。


「頑張れ〜っ」「頑張れっ!」

あんまりどんくさいんで、人目も気にせず亀を応援する2人。
亀の世界にも要領悪い奴っているんやな。
しかも諦め早っ!

「東寺(教王護国寺)」へのアクセス
【場所】京都市南区九条町1
【日時】夏時間/3月20日〜9月19日
     8:30〜17:30頃
    冬時間/9月20日〜3月19日
     8:30〜16:30頃
    宝物館特別公開
    春季/3月20日〜5月25日
    秋季/9月20日〜11月25日
【交通】近鉄「東寺駅」から徒歩5分

@まけ:キャカラバア、キャカラバア、ぶつぶつ… (。。)
@くみ:ちょっとぉ〜、怪しい人になってるで… (¬¬;)

こんな感じで、東寺へ行く〜かい(空海)? 後半に続く!

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

いよいよ「魅惑の密教寺」の真髄に迫る“みうみう”。
目的はだた1つ、“見目麗しいあのお方にお逢いしたい!”
みうみうの2人は“あのお方”と、感動の対面を果たせるのか!?

次回UP予告「グッときたブツ」!
お見逃しなくっ!

〜 * 〜 * 〜 * 〜

@まけは仏像も好きだけど、密教法具がちょ〜♪だーいすき。昔、高野山で五鈷杵の文鎮(当時三千円くらい)を買ったけど、今も大切に事務所に置いてあったりする。
独鈷杵や三鈷杵などの金剛杵、五鈷鈴、輪(チャクラ)、羯磨、金箆、三叉戟…。眺めているだけで、にゃ〜っ!癒されるぅ! ああ、いつか「ナウマク・サンマンダボダナン・アビラウンケン!」とかなんとか真言(タントラ)唱えて空海みたいに投げてみたーい(馬鹿?)。。。 (@まけ)

華麗なる京都 紅葉めぐり
昨年大人気のバスツアーが今年も登場!
なかなかいけない紅葉の名所をご案内。

関連ブログ記事
京都怨霊絵巻 〜御霊神社その1〜 (06.5.22)
全てはある親王の悲劇から始まった! 平安遷都。桓武天皇が京都を鎮護する為に、風水都市にした発端とは?

京都怨霊絵巻 〜御霊神社その3〜 (06.6.7)
怨霊封じの為に造営された平安京の入口である東寺は、西寺(現存せず)と共に、大事な結界の1つだった。

 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

1日1組限定! お二人の京都、
とっておき 五大紅葉めぐり 3日間

京都で最も美しい紅葉の名所をタクシーで案内する贅沢プラン。

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 バス は、→
  京都の社寺名跡は、→

秋の京都へ、おこしやす!“みうみう”のwebサイト「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!

おうち「おいでやす京都どっとこむ」は →

お庭でほっこり♪ そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:町をぽてぽて, 17:49
comments(8), trackbacks(0), pookmark
Comment
密教、高野山とくれば、「役小角」とか「宇宙皇子」を思い出してしまいます。高野山の宿坊には何度か泊まりましたが、もう一度行ってみたいところの一つです。
臨、兵、闘、者、皆、陣、列、在、前!!!
きさとぱぱ, 2008/10/09 10:56 AM
おはようございます、@くみ様、@まけ様

塔が浮かぶ空が秋空ですねぇ。
桜もほんの少し色づいて、秋の気配が。
観智院、昨年は水屋手伝いに何度も行ったのですが、毎回ばたばたしていて、お庭を拝見出来ませんでした。
こんなに素敵なんですね。
今度はゆっくりたたずんでみたいですわ〜。

追伸:後ほどお誘いメールをさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いしますね。
いけこ, 2008/10/09 10:57 AM
きさとぱぱさん、こんにちはー!

「宇宙皇子」! 
昔、文庫本全巻、持ってました!
実は映画(アニメ)も見に行きました!
懐かしい〜。

「宇宙皇子」のカバーのイラストを描いてらっしゃる、いのもたむつみさんが大好きで、イラスト集も持ってるんですよ。

臨、兵、闘、者、皆、陣、列、在、前!
九字ですね。実は私、九字切れるんですよぉ〜。
真言唱えながら、素早く印を結ぶことが出来るんです。
(^_^)V ふふっ♪
@まけ, 2008/10/09 1:13 PM
いけこさん、こんにちはー。

ずっと雨ばっか降ってて。この日は久しぶりに天気がよく、暑くなった日でしたよ。でも太陽が高い位置にあるので、暑いといっても、もう気候はすっかり秋でしたね。

観智院のお手伝いをされたことがあるんですか?
うーん。。。いけこさんって一体、何者ぞ?
すごく由緒正しいおうちの出なのでしょうか。

謎ぢゃ。。。

それに気になる“お誘いメール”…。
なに?なに?なに?なんでメールって???

謎ぢゃ。。。
@まけ, 2008/10/09 1:20 PM
こんにちは、@くみ様、@まけ様

あわわ、お二人にメールを送る場合、どうしたらよろしいですか?
HPを探したのですが、アドレスがわからなくって!!
ごめんなさい。
今月26日のお話なのですが、お茶会しませんか〜のお誘いなのです。
シスターズの面々と計画中なのです。
詳細をお知らせしたく。
いけこ, 2008/10/09 1:37 PM
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2008/10/09 4:51 PM
こんにちは、@くみ様、@まけ様

こちらのコメント欄を私用に使わせて貰い、申し訳ございませんでした。
本来ならば、私がアドレスをお知らせ致せばよいものを・・・。
メール先ほど送信いたしました。
ご迷惑、ご無礼、何卒ご容赦下さいませ。
いけこ, 2008/10/09 5:13 PM
いけこさん、お手数おかけしました。

そちらのメールアドレスを承りましたので、上記のコメントは消させていただきました。

改めて、こちらからメールをさせて頂きます。

ありがとうございました。

@まけ, 2008/10/09 5:52 PM









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/1045808