RSS | ATOM | SEARCH
行ってみたい9月の行事 〜月を愛でる
来る9月14日は中秋の名月!
今日は京都で行われるお月見イベントをご紹介します。

中秋と仲秋!?
お月見について調べていて気がついたこと。
「中秋」「仲秋」が混じってる?ふと疑問に思ったので調べてみました。

日本の暦には十二カ月をさらに半月毎に分けた「二十四節気」 (もっと細かい七十二候というのもあるそうで…) というのがあります。「二十四節気」でいうと立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降 (そうこう) の6つ。旧暦の7〜9月、今の暦だと今年は8月7日〜11月6日までが秋。

で、「仲秋」というのは秋を三等分した真ん中の旧暦8月を指す言葉なのだとか。上記の白露と秋分 (今年は9月7日〜10月7日) にあたります。まさに、今!

この時期は空が澄んでいてそして旧暦8月15日の月を“中秋の名月”と言うのだそうです。と言うことは、細か〜く言えば“中秋の名月”が正しいといういことになりますかねぇ。

お月見イベントいろいろ
お月見イベントから、いくつかをピックアップしてご紹介します。さて、どれに行きます?

大覚寺・大沢池「観月の夕べ」
もとは嵯峨天皇の離宮として造営された「大覚寺」。中国の洞庭湖をモデルにして作ったという庭園は、平安時代より名月観賞の地として知られています。

当日は大沢池に龍頭鷁首 (りゅうとうげきす) の屋形船を浮かべて茶席を設け、そこから月を眺めることができます (約15〜20分、有料)。古の都人のように、水面に揺れる月を愛でてみられてはいかがでしょう?

また、大沢池の側の茶室や立礼席でもお茶をいただくことができます。池の周囲をぐるりとお散歩しながら月を眺めるのもいいですね。

大覚寺・大沢池「観月の夕べ」へのアクセス 月
【日 時】9月13日 (土) 〜15日 (月・祝)
     17:00〜21:00
【住 所】京都市上京区寺町通広小路上ル 染殿町680
【電 話】075-871-0071
【拝観料】大人 500円、小人 300円 (夜間特別参拝料として)
【お茶席】舟席券 1,200円、本席・観月席券 600円
【交 通】市バス28・91「大覚寺前」もしくは
     京都バス71・81「大覚寺前」下車、すぐ。
※茶券は当日券のみ。詳細はお問い合せを。

下鴨神社「名月管弦祭」
橋殿 (重要文化財) において17:30からの神事の後、平安装束を身につけた人々によって雅楽が演奏され、舞楽や舞などが約2時間にわたって奉納されます。また、斎庭に設けられた観月茶席でお茶を楽しめます。

去年見に行ってきました。十二単の女性による舞は、まるで“かぐや姫”みたいでしたよ〜。(下記に過去記事へのリンクあり)

下鴨神社「名月管弦祭」へのアクセス 月
【日 時】9月14日 (日) 17:30頃〜
【住 所】京都市左京区下鴨泉川町59
【電 話】075-781-0010
【お茶席】お茶券 1,000円
【交 通】市バス1・4・205「下鴨神社前」下車、すぐ。
     京阪「出町柳駅」より徒歩10分。

上賀茂神社「賀茂観月祭」
17:30より境内の芝生馬場殿殿上にて祭典が行われ、18:00頃より舞楽などの奉納行事が行われます。

奉納行事の前に先着300名に亀屋良永製月見団子の引換券が配布されます。奉納行事終了後には、増田徳兵衛商店のにごり酒「月の桂」が振る舞われる予定です。月見で一杯?

上賀茂神社「賀茂観月祭」へのアクセス 月
【日 時】9月14日 (日) 17:30〜
【住 所】京都市北区上賀茂本山339
【電 話】075-781-0011
【交 通】市バス4・46「上賀茂神社前」下車、すぐ。

府立植物園「名月観賞の夕べ」
観覧温室前では天体望遠鏡による「月の観察会」、大芝生地の特設ステージでは「音楽演奏会」が催されます。

また、今年は源氏物語千年紀にあたることから女優の中野良子さんによる朗読「源氏物語の朗読 〜第一帖桐壺から」が行われます。

府立植物園「名月観賞の夕べ」へのアクセス 月
【日 時】9月14日 (日) 18:30〜20:30
     (開場は18:00。小雨決行、雨天順延なし)
【住 所】京都市左京区下鴨半木町
【電 話】075-701-0141
【交 通】地下鉄烏丸線「北山駅」下車、3番出口すぐ。
     または「北大路駅」2番出口から東へ徒歩10分。

月見酒、一献。
実りの秋は食べ物の美味しい季節。そして春に出来上がって夏を超した酒が蔵出しされる季節! ここでは旬の美味と美酒を名月とともに愉しめる催しをピックアップ!

百景酔暦「鴨川月見酒」
鴨川のせせらぎに川面をわたる風。ほのかに照らす月明かり。鴨川納涼床にて五感で味わう旬の味と美酒。これぞ、オトナの贅沢。

鴨川納涼床で行われる「鴨川月見酒」
老舗料亭11店でこの催しのために厳選した日本酒を組み込んだ「鴨川月見酒・期間限定特別コース」が味わえます。料理1〜2品ごとに日本酒を1銘柄合わせ、ペアリングの妙をを愉しもう、というもの (内容は店舗による)。合わせる日本酒は近畿圏の7蔵元14銘柄から選ばれています。

百景酔暦「鴨川月見酒」へのアクセス 熱燗
【日時】9月12日 (金) 〜18日 (木)
【場所】鴨川納涼床の各店にて
【HP】http://yoigoyomi.jp/pc/
※「鴨川月見酒コース」と伝えて要予約。
 価格は店舗によって異なり¥8,000〜15,000。
 オリジナル酒器がもらえる特典あり。

新風館「α-SAKE BAR」
京都のFM局α-STATIONと伏見の蔵元18社による期間限定コラボ企画、日本酒&ダイニング「α-SAKE BAR」も、今年で早や4回目。

烏丸通御池下ルの「新風館」3階オープンテラスデッキで伏見の銘酒と、それに合う限定メニューが味わえます。「タイ風豆腐とチキンの揚げボール」とか、中には「賀茂ナスのフリット 〜黒七味風味にて」なんていう京野菜を使ったものも。(お酒はショットで¥300〜500)

9月9日からは“秋の酒”にチェンジ。この季節ならではの「冷やおろし」を、ぜひご賞味あれ。

新風館「α-SAKE BAR」へのアクセス 熱燗
【日時】〜10月25日 (土) 17:00〜22:00
【場所】新風館3階 オープンテラス
【電話】075-213-6688
【交通】地下鉄「烏丸御池」駅、5番出口より徒歩1分
【HP】「α-SAKE BAR」特設ページ

9月限定! +α
上記の「α-SAKE BAR」、9月限定で京都駅ビル3階のホテルグランヴィア京都Gテラスでも展開中です。京都駅名物“大階段”正面の開放感溢れるアトリウムで、伏見の清酒をゆるりとご堪能下さい! 駅チカなので便利ですよね。

また、毎週金曜日19:00〜は「ミニ蔵元NIGHT」として週替わりで蔵元さんが来店。直接お話を聞いたり、試飲したりできるそうです。

「α-SAKE BAR in Gテラス」へのアクセス 熱燗
【日時】〜9月30日 (火)
    平 日18:00〜22:00 (L.O. 21:30)
    土日祝14:30〜22:00 (L.O. 21:30)
【場所】京都駅ビル3階 ホテルグランヴィア京都Gテラス
【電話】075-344-8888 (ホテルグランヴィア京都代表)
※ただし、フードはスナック類のみ。
 事前でプレート料理を予約できるそうです。

。・:*:・゜☆ 。・:*・・゜☆ 。・:*:・゜☆

お酒はほとんど飲まないのですが、外食する時には少しいただきます。昔、セラーがあって試飲できる酒屋さんに何度かお邪魔したことがあります。いろいろ飲ませていただいて、すごく美味しかった。残念ながら銘柄は、ほとんど忘れてしまったのですけど…。

上賀茂神社で振る舞われる予定の「月の桂」。偶然、去年の「α-SAKE BAR」の記事に飲んだ感想を書いてました。甘酸っぱくピチピチ弾ける飲み口のいいお酒ですがアルコール度数は以外と高い。飲み過ぎには注意です。

〜 * 〜 * 〜 * 〜

スッキリと晴れた日が続いていたのに曇ってきましたね。14日、お天気どうかな〜? ちょっと心配。。。(@くみ)

関連ブログ記事
行ってきました、名月管弦祭! (06.10.6)
2006年の下鴨神社「名月管弦祭」の様子。この年は10月6日だったんですねぇ。。。

行ってみたい9月の行事 〜α-SAKE BAR「蔵元DAY」 (07.8.30)
秋の酒「冷やおろし」&「α-SAKE BAR」について。

旧暦美人ダイアリー2009
自然のリズムにあわせると、身体はもっと気持ちイイ!

 「京の明日」は京都で行われる行事予定、
 「町をぽてぽて」は京の町歩きレポ、
 「御所でごそごそ」には御所散歩の様子
 「“いちらぁ”です」は知恩寺・手づくり市のレポ、
 「@まけのコロたま!」には
   “京の通り名”など、@まけがギモンに思ったこと。
なんかを書いていま〜す。よかったら見てね♪

日本酒好きの料理ノート
日本酒好きの料理ノート
粒よりの50本の酒に、オリジナル料理レシピ50選。
きき酒師である著者の日本酒に関するエッセイも。

見る 京の町歩き情報は、
  とっても便利なリンク集 「京都便利帳」でチェ〜ック!
  京都の交通機関 バス は、→
  京都の社寺名跡は、→

初秋の京都へ、おこしやす!“みうみう”のwebサイト「おいでやす京都どっとこむ」〜京のええとこ、うまいもん〜 もヨロシク!

おうち「おいでやす京都どっとこむ」は →

食欲の秋、到来っす! うっす! そんな2人に1票。

よろしゅ〜に!ポチッとな♪ ブログランキング・にほんブログ村へ
author:miu-miu2, category:京の明日, 17:15
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Comment
中秋の名月は14日だったのですね・・・笑
昨日、宮川町を通った時に9/14東山観月イベントのポスターがありました。「鴨川月見酒」行って、「α-SAKEBAR」へなだれ込むっていうのもいいな〜〜!!(どこまでも飲み食いがついてまわるわたし・・・笑)

きさとぱぱ, 2008/09/13 11:37 AM
きさとぱぱさん、こんばんは!

智積院でも観月イベントが行われますよね。
私は今日、下鴨神社へ行って来ました。
ものすごい人でしたよ〜。

きさとぱぱさんは、どこへ行かれたんでしょうか?
@くみ, 2008/09/14 9:12 PM









Trackback
url: http://blog.oideyasu-kyoto.com/trackback/1010297